TOMORROW X TOGETHER、リパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」プレビュー映像を公開

OSEN |

写真=BIGHIT MUSIC
TOMORROW X TOGETHERが、トレンディなメロディーが際立つタイトル曲「LO=LO♡ER」で戻ってくる。

TOMORROW X TOGETHERは11日0時、公式SNSに2ndフルアルバムのリパッケージアルバム「混沌の章:FIGHT OR ESCAPE」のプレビューを掲載した。公開された映像には、タイトル曲「LO=LO♡ER」をはじめ、「Exchange Diary」「0X1=LOVESONG(I Know I Love You)feat. Seori(Emocore Mix)」が収録された。

タイトル曲「LO=LO♡ER」は、エモポップパンクジャンルの楽曲で、世間の視線ではたとえ「ルーザー」のように見えても、唯一の世界で救援者でもある「君」にはお互いを救う「ラバー」になりたいという少年の気持ちを表現した。

世界が襲撃してくる中で出会った君を救うため、世界に立ち向かって戦うか、君と一緒に世界から逃げたい少年の欲望と衝動をロマンチックに描いた。「LO」のドル記号($)から分かるように少年が気づいた欲望には物質万能主義の時代に君と僕を救うため一獲千金を狙うなど、富に対する率直な熱望も含まれる。中毒性の強いメロディーにZ世代たちが現実で感じる感情をTOMORROW X TOGETHERならではのスタイルで表現した。

また、TOMORROW X TOGETHERがデビュー後初めて披露するファンソング「Exchange Diary」も耳を虜にする。ダンサブルなポップジャンルで、クセになるサビと豊かな楽器のサウンドが調和し、軽快かつ清涼な雰囲気を醸し出す。5人のメンバーはMOA(TOMORROW X TOGETHERのファン)だけを考えながら、自ら書いた歌詞でファンに特別な愛情を表現した。

他にも2ndフルアルバム「混沌の章:FREEZE」のタイトル曲 「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat.Seori」のエモコアバージョン(Emocore Mix)が公開された。原曲をさらに強烈なロックサウンドに編曲し、強い感情を披露した。切なく絶望的な感じをそのまま実現した楽器のソースと、荒々しく退廃的な雰囲気のギターサウンドが、原曲とは違った魅力を与える。

グローバルショートビデオフラットフォーム「TikTok」でも3曲の音源の一部が公開された。TOMORROW X TOGETHERはTikTokのフォロワー数1100万人を達成し、K-POP男性グループの中で2番目に多いフォロワーを保有するなど、TikTokでファンと積極的にコミュニケーションしてきただけに、ニューアルバムの活動期間にTikTokを通じて披露する個性的なコンテンツにも関心が高まっている。

TOMORROW X TOGETHERはZ世代の全面的な支持を受け、「混沌の章:FREEZE」で米ビルボードメインアルバムチャートの「ビルボード200」で5位にランクインした後、9週連続チャートインをキープするなど、“2021年ホットなグローバルボーイズグループ”として存在感を証明している。

記者 : ソン・ミギョン