「月刊家」チョン・ソミン&キム・ジソク、秘密の恋愛がバレる危機に!?

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「月刊家」放送画面キャプチャー
チョン・ソミンとキム・ジソクの秘密の恋愛が、チェ・ジョンアンにバレてしまった。

4日に韓国で放送されたJTBC水木ドラマ「月刊家」で、社内恋愛禁止を撤回するジャソン(キム・ジソク)の姿が描かれた。

この日、ウィジュ(チェ・ジョンアン)とサンスン(アン・チャンファン)の社内恋愛が発覚した中、チェゴ(キム・ウォネ)は「今日から僕たちは! 絶対に社内恋愛していることを表に出さず、業務に集中します」と彼らに大声で言わせた。

これにジャソンとヨンウォン(チョン・ソミン)もドキッとした。とくにジャソンは「ここは軍隊でもないのに、そこまでしなくても」とチェゴを止めようとしたが、彼は「代表、この事案は僕に任せると言ったじゃないですか?」と述べた。

続いてウィジュとサンスンに対して「あなたたち、僕が見張っていますからね」と警告し、ジャソンにも「代表もですよ!」と強く警告した。

一方、ウィジュはサンスンとの交際を祝ってくれたヨンウォンに「あなた、代表と別れて辛いだろうに、私だけ幸せになってごめんね」と謝った。

ヨンウォンはジャソンとよりを戻したことを明かそうとしたが、ウィジュは彼女の口をふさぎ「よく別れたと思う。もしバレていたら、編集長が大騒ぎしたでしょう。そしたら代表、完全にカモにされていたかもね」と話した。結局、ヨンウォンは真実を明かせなかった。

ところが、ヨンウォンとジャソンがホテルでデートしていた中、ウィジュとサンスンカップルが現れ、新たな危機を迎えた。

驚いたジャソンはテーブルの下に隠れ、ウィジュは「彼氏の顔が見たい」と言って、その場に座った。「ジャソンのような男とはもう付き合わないほうがいい」とアドバイスもした。結局、ジャソンは顔を隠したままその場から逃げた。

これに先立って、ヨンウォンは入居者として契約していた建物が、競売にかけられて全財産の保証金をすべて失っていた。この日、ヨンウォンは偶然、前の大家を見つけたが、保証金を返してほしいというヨンウォンのお願いに「法律通りにしなさい。返す義務はないよ」と一蹴した。「そのお金、私の全財産なんです」というヨンウォンの訴えにも、大家はまったく動じなかった。

ところが、翌日奇跡が起きた。前の大家がヨンウォンに保証金を返したのだ。ヨンウォンは、取り戻した保証金で狭小住宅を建てようとしたが、ジャソンが「家を建てようとすると1年老けるという言葉があります」と言い、2人は冷戦に入った。

この日明かされたのは、問題の保証金をジャソンが用意したということだった。これを知ったヨンウォンは困惑しながらも、ジャソンの気持ちに気づき、感謝を伝えた。

また、最終的にウィジュに秘密の恋愛がバレてしまったジャンソンは、社内恋愛禁止を撤回した。

記者 : イ・ヘミ