「愛の不時着」出演キム・ヨンミン、カトリック映画祭の広報大使&審査委員に抜擢

Newsen |

キム・ヨンミンが、「第8回カトリック映画祭」の広報大使と短編映画コンペティション部門の審査委員として様々な活動を披露する予定だ。

「第8回カトリック映画祭」は8月2日、公式広報大使に俳優のキム・ヨンミンを任命したと発表した。

カトリック教徒のキム・ヨンミンは、ソウル芸術大学の演劇学科で演劇を始め、「私から遠ざかるものは小さい」(1999)、「羅雲奎」(1999)、「レディマクベス」(2000)を経て、2001年にキム・ギドク監督の「受取人不明」でスクリーンデビューを果たした。

映画「春夏秋冬そして春」(2003)、「私は私を破壊する権利がある」(2005)、「とても特別なお客さん」(2006)、「ビバ!ラブ」(2008)、「ごめんね、ありがとう」(2011)、「マドンナ」(2015)、「網」(2016)、「閉鎖病棟」(2017)、演劇「ドンキホーテ」(2010)、「M.Butterfly」(2012)、「さやの中の父」(2013)、「木の上の軍隊」(2015)、「血友」(2017)、MBCドラマ「ベートーベン・ウィルス ~愛と情熱のシンフォニー~」(2008)、JTBC「ファンタスティック~君がくれた奇跡~」(2016)、tvN「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」(2018)、MBC「かくれんぼ」(2018)など、演劇と映画、ドラマを行き来し、様々な作品に出演した。

2019年にはtvNドラマ「愛の不時着」のチャン・マンボク役、OCN「助けて2」のソンチョルウ牧師役、2020年には映画「チャンシルは福も多い」のチャン・グクヨン役、JTBC「夫婦の世界」のソン・ジェヒョク役などを通じて、時には可愛くて愛らしく、時には浮気者のようだが、妻を大事にする姿などで人間のリアルな感情を立体的に表現し、キム・ヨンミンだけの特別な魅力を披露している。そしてこれから公開される「クリスマスキャロル」「雨光」を通じては、どんな姿を見せてくれるのか、期待が高まっている。

「第8回カトリック映画祭」は、10月28日から31日までの4日間、忠武路(チュンムロ)駅2番出口にある大韓劇場にて開催される。

記者 : ペ・ヒョジュ