韓国生まれ・東大院卒シンガーkim taehoon、新曲「JAPAN AND KOREA」映像第2弾を公開

Kstyle |

韓国生まれ、東京育ち、東大卒のシンガー/トラックメイカーkim taehoonが、新曲「JAPAN AND KOREA」配信リリースに合わせて制作された新たな映像をYouTubeの公式チャンネルで公開した。

今回公開されたのは、とある国際大会の様子を描いた全3部にわたる映像作品の第2弾。「どうしても勝ちたい」と題されたタイトルからも分かるように、実際の競技で代表選手たちが激しい火花を散らす様子が描かれている。行われている競技は卓球、対戦カードは日本代表VS韓国代表という負けられない一戦。どちらも国の威信をかけ、しのぎを削るが……。一方、疲れ果てた審判は試合後即帰宅し、アコギを手に取ったのだった。

kim taehoonからのコメントも届いた。彼は「テーマはなんだか壮大そうに見えると思うんですが、日本代表選手、韓国代表選手、審判の全てをぼく1人で演じているというシュールさだったり、時折見られるくだらなさやおふざけ要素にクスっとしながら気軽に楽しんでほしいです(^_^)」と伝えた。

新曲「JAPAN AND KOREA」は今月23日に配信された。「JAPAN AND KOREA」というタイトルからも分かるように、日本と韓国の両方をルーツに持つkim taehoonならではの視点から、現代に根付いた「ボーダー」という概念に一石を投じる作品となっている。映像作品第3弾は近日公開される予定だ。



■リリース情報
新曲「JAPAN AND KOREA」
発売中

配信リンク:https://lnk.to/JAPAN_AND_KOREA

記者 : Kstyle編集部