ATEEZ、アジア各地で熱い反応!日本1stシングル「Dreamers」がオリコンチャート2位を獲得

MYDAILY |

写真=KQエンターテインメント
ATEEZのアジアでの人気がさらに高まっている。

7月28日、テンセントが運営するマレーシアの音楽ストリーミングサービス「JOOX」が主催した「2021ジュクス・トップ・ミュージック・アワード(2021 JOOX Top Music Awards)」K-POP部門のTOP5に、ATEEZの6thミニアルバム「ZERO : FEVER Part.2」のタイトル曲「I'm The One」が選定されて、現地での人気の高さに注目が高まった。

また同日に発売された日本1stシングル「Dreamers」は、オリコンデイリーシングルランキングで2位を記録した。さらに同名のタイトル曲「Dreamers」は、フジテレビ系TVアニメ「デジモンアドベンチャー:」のエンディングテーマに選ばれると同時に、音源の先行公開後、LINE MUSICのリアルタイムランキングで3位を記録して、日本での熱い人気を証明した。

先立ってATEEZは、Twitterが発表した「2020年アメリカで最も多くツイートされたミュージシャン(2020 most Tweeted about musicians in the US)」で5位を記録したのはもちろん、米ビルボードの「ワールドデジタルソングセールス」にも数回チャートインして、米メディア「フォーブス」から注目を受けた。アジア地域でファンダム(特定ファンの集まり)を拡大しているATEEZの、今後の活躍がさらに期待される。

ATEEZは今月30日、韓国観光公社が主観する「韓国旅行ライブトークショー」に出演して、世界中に韓国の文化を広める。

・ATEEZ、ファンも驚き!東京五輪の試合で日本語曲含む3曲がBGMに…Twitterのワールドワイドトレンドにも

・ATEEZ、日本1stシングル「Dreamers」を7月28日に発売!アニメ「デジモンアドベンチャー:」の主題歌に決定

記者 : パク・ユンジン