IOK COMPANY、キム・ヒョンジュ&シン・ヘソンら所属のYNKエンターテインメントを買収

TVREPORT |

写真=YNKエンターテインメント
IOK COMPANYがYNKエンターテインメントと“俳優の名家”を目指す。

29日、IOKは女優のシン・ヘソン、キム・ヒョンジュ、俳優のキム・イングォンなど豪華な俳優のラインナップを持つYNKの持分買収を通じて、意味ある同行が始まったと明かした。

今回の買収契約でIOKは、YNKの持分100%を引き受け、より多様な俳優のラインナップを揃えることになった。

IOKは今回の契約について「素晴らしい俳優、多くの業界専門家を保有しているYNKは、同じ業界の関係者なら誰でも魅力的だと思うだろう」とし「制作に対し着実に準備をしてきただけに、今後の作品のための一種の準備作業だ」と説明した。

実際、IOKは下半期より、本格的に映画制作を開始する予定だ。そのために多様なシナリオを確保しており、タッグを組む監督、脚本家とも着実に協議してきた。

作家キム・ジンミョンの歴史小説「高句麗」の映像化も進行中であり、IOKは演技力のある俳優のラインナップを求めていた。

今回の買収でIOKはドラマ「哲仁王后」、映画「盗掘」などに出演したシン・ヘソンの他、「地獄」「アンダーカバー」などで高い演技力を披露したキム・ヒョンジュ、1998年に映画「マス」でデビューし、現在まで着実に活動しているキム・イングォン、ドラマ「女神降臨」で多彩な魅力を披露したイム・セミ、女優に転向した元Nine Musesのギョンリ、ドラマ「わかっていても」で爽やかな魅力を披露しているチェ・ジョンヒョプなどが所属することになった。

IOKの関係者は「これまで映画やドラマ制作のために着実に準備してきただけに、今回の買収で大きな相乗効果があるだろう」とし「2つの事務所が1つになり、実績にも前向きな効果が予想される」とコメントした。

記者 : キム・ミョンシン