Wanna One、デビュー曲「Energetic」が“最高のボーイズグループのデビュー曲”で1位を獲得!

MYDAILY |

写真=STARPLAY
Wanna Oneの「Energetic」が「最高のボーイズグループのデビュー曲」の投票で1位を記録した。

グローバルスターファンダムアプリ「STARPLAY」は、7月13日から7月27日まで2週間、「最高のボーイズグループデビュー曲」というテーマで投票を実施した。

3、4世代のボーイズグループのデビュー曲を対象に行った今回の投票で、デビューと同時にブームを巻き起こしたWanna Oneの「Energetic」が計29.41%の得票率で、「最高のボーイズグループデビュー曲」の1位に選ばれた。

2017年、Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じて結成されたボーイズグループWanna Oneは、デビューと同時に韓国を代表するアイドルとして位置付けられた。

叙情的なピアノで始まるトキメキ溢れるイントロが印象的な「Energetic」は、「Never」の作曲家として有名なプロデューサーのFlow BlowとPENTAGONのフイが、Wanna Oneのためタッグを組んで作った曲で、国民プロデューサーの投票で選定されたタイトル曲だ。

各音楽配信チャートと音楽番組で1位を席巻、音楽界でブームを巻き起こした「Energetic」は、ビルボードの音楽評論家が選んだ「2017年K-POP最高の歌20曲(The Best K-pop Songs of 2017:Critics' Picks)」で1位を獲得した。

この投票では、GOT7の「Girls Girls Girls」が2位を記録した。3位はAB6IXの「BREATHE」、そしてStray Kidsの「District9」がランクインした。該当投票の結果は、STARPLAYを通じて確認できる。

STARPLAYでは現在、8月10日まで「清涼100%ベストサマーソング」というテーマで投票を行っている。

記者 : チョン・ジュヨン