GFRIEND、突然の解散から2ヶ月…6人がそれぞれの道で活動再開

Newsen |

写真=Source Music
GFRIENDとして活躍したメンバーたちが、休息期間を終えてそれぞれの道で活動を再開している。

2015年「ガラス玉」でデビューしたGFRIENDは「今日から私たちは」「時間を走って」「あなた、そして私」「FINGERTIP」「Love Whisper」「夜」「Sunrise」「MAGO」など、様々なヒット曲を生み出し、愛された。しかし5月22日付で所属事務所Source Musicとの専属契約が終了すると発表して、グループとしての活動を終了した。

GFRIENDはSource Musicとの再契約なしにそれぞれの道へと進むことになった。再契約を議論する過程で踏み込んだ話を交わしたメンバーたちは、悩んだ末に一つのチームとしてではなく、ソロアーティストとして活動を続けることに決めた。解散の理由は具体的には明らかにしなかったが、ソロ活動を通じてより良い姿を見せられるという確信に基づき、このような決断を下したとみられる。

グループとしての活動は終了したが、BUDDY(GFRIENDのファン)への気持ちは変わらない。活動終了を公式発表した後に「そんなに簡単には割れないよ」「GFRIENDはいつもBUDDYを愛しているよ」と伝え、ファン、そして6年間苦楽を共にしてきたメンバーたちに対する深い愛情を示したメンバーたちは、2ヶ月間それぞれの公式SNSを通じて数回にわたってコメントや写真を公開し、近況を伝えた。メンバー間のSNSでの交流も活発で、これを見るのも楽しみだ。活動終了後に迎えたシンビの誕生日には、メンバーたちがSNSにお祝いの投稿をして深い友情をうかがわせた。

歌手として再び跳躍するメンバーたちに注目が集まっている。一番最初に新しい所属事務所と契約したメンバーはイェリンだ。

イェリンは6月17日、ソン・ガンホ、RAIN(ピ)、ユン・ジョンヒ、EXIDのハニ、GOT7のジャクソンとヨンジェ、キ・ウンセ、イ・ヨンウ、キム・ヒジョン、元PRISTINのイム・ナヨンらが所属しているSublime Artist Agencyとの契約を発表。「今後、様々な活動でより良い姿をお見せできるように努力します。愛するファンの皆さんからの愛に報いることができるように努力します」とコメントした。

彼女は専属契約締結のニュースに先立ち、韓国で5月30日に初放送されたLifetimeの「Beauty Time」シーズン3に、T-ARAのジヨンとAOA出身のチョアと共にMCとして出演した。劇場型の見えるラジオ公演「ON AIR_SPIN-OFF」への出演も確定した。

写真=Source Music
まだ新しい所属事務所は確定していない状態で、新曲を通じて活動を始めたメンバーもいる。ユジュは6月5日、MBN週末ドラマ「ポッサム-運命を盗む」のOST(挿入歌)「慰め」をリリースして、ソロ活動を開始した。

ユジュはまた、ラッパーのSan Eとコラボで7月23日にデュエット曲「so silly」を発売した。同曲は恋愛する前のときめく感情を表現した曲で、ユジュは甘い歌声を十分に発揮して、お互い好きなのに気づかず、好きだとなかなか告白できない男女が愛する過程を表現した。

ウナは6月3日、DASANBOOKSのウェブ小説・漫画「時間の階段」のOST(挿入曲)Part.1「時間の先で」をリリースした。彼女だけのユニークな歌声で、死を決心してでも愛する人を助けるため、時間の階段を上がる主人公の心を表現した。

さらに7月29日、ソウォンがIOK COMPANYと専属契約を議論していることが分かった。IOK COMPANYは俳優のチョ・インソン、キム・ハヌル、コ・ヒョンジョン、元iKONのB.I、元Secretのヒョソン、H.O.T.のムン・ヒジュン、お笑い芸人のイ・ヨンジャ、キム・スクなどが所属している事務所で、ソウォンの今後に関心が集まっている。シンビとオムジに関しては、グループ活動終了後、公式にソロ活動が発表されたことはなく、ファンはメンバーたちの今後に注目している。

・GFRIEND、契約終了日に集合写真を公開…ファンにメッセージ「私たちの歌はいつでも…」

・GFRIEND解散から個人情報の流出まで…Source Musicが公式謝罪「失望させてしまった」

記者 : 記者 : ファン・ヘジン