GOT7 ジニョン、ドラマ「ユミの細胞たち」に出演決定…キム・ゴウン&SHINee ミンホと共演

Newsen |

写真=BHエンターテインメント
GOT7のジニョンが 「ユミの細胞たち」に合流し、ファンの胸をときめかせる。

2021年、下半期にTVINGとtvNで同時に公開されるTVINGオリジナル「ユミの細胞たち」は、細胞たちと一緒に食べて愛して、成長する平凡なユミ(キム・ゴウン)のストーリーを描いた共感ロマンスだ。

ドラマ「知ってるワイフ」「ショッピング王ルイ」などを通じて、感覚的な演出を披露したイ・サンヨプ監督がメガホンを取り、「アルハンブラ宮殿の思い出」「W」など独創的でしっかりした筆力で絶対的な信頼を集めている脚本家のソン・ジェジョンがクリエーターとして参加する。

さらに「その男の記憶法」「二十歳」などを通じて人気を博したキム・ユンジュと新人脚本家のキム・ギョンランが執筆を担当し、下半期最高の期待作に挙げられている。キム・ゴウン、アン・ボヒョン、イ・ユビ、パク・ジヒョンなど、ドラマファンとウェブ漫画ファンの両方を魅了するラインナップも話題となっている。

ジニョンはウギ(SHINeeのミンホ)と共に、韓国の2大イケメンと呼ばれる優しく完璧な職場の同僚バビ役を務める。ユミが働くテハン麺のマーケティング部の代理である彼は、会社の人気者だ。

バビは外貌だけでなく、内面の知性や感性はもちろん、細部のマナーまで全てが完璧な人物だ。彼がユミとどのような関係になっていくのか、関心を集めている。

ジニョンはジャンルを問わず、安定した演技で着々とフィルモグラフィーを積んできた。最近、韓国で放送中の「悪魔判事」を通じて、好評を博しているジニョンが「ユミの細胞たち」では、どのような魅力で人々を魅了するだろうか、期待が高まっている。

イメージチェンジを予告したジニョンは「撮影現場の皆さんが和やかな雰囲気を作ってくださったおかげで、スムーズに初めての撮影に取り組めました。監督とバビについてたくさん話し合いました。キャラクターをとことん研究したので、その空間に自然に入り込むことができたと思います」と伝えた。

原作であるNAVERウェブ漫画「ユミの細胞たち」(作家:イ・ドンゴン)は、細胞を擬人化するという奇抜な発想と共に、ユミの日常を斬新に描いて、人気を集めている作品だ。意識の流れを左右する多様な細胞たちの活躍が中心となっていて、ドラマ「ユミの細胞たち」は実写とアニメーションを組み合わせた、斬新なフォーマットで制作される。

躍動感あふれる細胞たちを完成させるドリームチームも期待を高める。ハイクオリティな映像で注目を集めた、アニメーション映画「レッドシューズ」の制作会社であるLOCUSがアニメーション部分を担当。それだけでなく、シム・ギュヒョク、パク・ジユン、アン・ソイ、オム・サンヒョン、イ・ジャンウォン、チョン・ジェホン、サ・ムニョン、キム・ヨヌ、イ・スルなど優れた声優たちも大勢参加し、完成度を高める。

TVINGオリジナル「ユミの細胞たち」は2021年下半期、TVINGとtvNで同時公開される。

記者 : ファン・ヘジン