「PRODUCE 48」出身AleXa、7月24日にデュエット曲をリリース…YouTuberの大図書館とコラボ

OSEN |

写真=ZB LABEL、Uncleテド
「PRODUCE 48」出身のAleXaがYouTuberの大図書館(テドソグァン)とデュエット“テドレクサ”を結成した。

所属事務所のZB LABELは本日(20日)、今回のデュエット結成について「普段から音楽に関心が高かった韓国最高のYouTubeクリエイター大図書館が音源を準備していたところ、パートナーと思っていた女性アーティストAleXaに連絡した。彼女が快くオファー受け入れて実現した」と伝えた。

新曲「XTRA」のミュージックビデオの再生回数が500万回を超えるなど、グローバルな人気を誇っているAleXaと、韓国最高のYouTuber大図書館の特別なデュエットコラボについて「夏とよく似合うシーズンソングで、タイトルは『私だけない、夏』だ。大図書館が自ら作詞し、魅力的な声と歌の実力も垣間見ることができる。さらに、AleXaの爽やかなボイスが魅力的な楽曲で、今月24日正午に発売される」と伝えた。

AleXaは最高のコンディションで曲の作業に取り組み、曲の完成度を高め、大図書館も彼女の声に満足を示し、2人のアーティストとも楽しく録音を終えた状態だ。

今月1日に新曲「XTRA」でカムバックし、世界中のファンから人気を博しているAleXaは、先月26日に開催された「DREAM CONCERT」に続き、今月17日の「2021 Together Again, K-Pop Concert」に出演。そして地上波とケーブルチャンネルの多数の音楽番組に出演し、精力的に活動している。

記者 : チェ・ナヨン