チャ・スンウォン&イ・グァンス&キム・ソンギュンら出演、映画「シンクホール」予告編第2弾を公開

MYDAILY |

写真=SHOW BOX
映画「シンクホール」が予告編第2弾の解禁と共に、史上初の超大型シンクホールに墜落した主人公たちの死闘を公開した。

同作は、11年苦労して購入したマイホームが地下500mの超大型シンクホール(何らかの化学的な変化によって開く地表にまで到達する大きな穴)に墜落することから繰り広げられるパニックコメディ映画だ。今回公開された予告編第2弾は、ソウル都心の真ん中で発生した超大型シンクホールでマンション一棟があっという間にシンクホールの中に吸い込まれる史上初の状況と、突然災難に直面したチャ・スンウォン、キム・ソンギュン、イ・グァンス、キム・ヘジュンの姿で視線を集める。

11年間、ソウルでのマイホームの夢を叶えた家長ドンウォン(キム・ソンギュン)。会社では同僚のキム代理(イ・グァンス)、ウンジュ(キム・ヘジュン)から祝ってもらって、家族と一緒に高級レストランで夕食を楽しんだのもつかの間、家で息子のスチャンが玉を転がすと、スピードを上げて片方へ転がっていく玉を見て、何か問題があることに気づく。彼はこれを無視して会社の同僚たちを引っ越し祝いに招待するが、引越し初日から対立した“おせっかいな人”の隣人マンス(チャ・スンウォン)とキム代理、ウンジュと共にあっという間にシンクホールの中に吸い込まれてしまう。地下500mの中でもマンスは「501号、少しだけ待ってね」「僕が行くよ」と叫んで死闘を繰り広げるが、追加崩壊の懸念と共に豪雨まで降り注ぎ、タイムリミットは迫ってくる。そして彼らは力を合わせて、地下500mから脱出する計画を立てる。

予告編第2弾は、都心の中の超大型シンクホールから果たして脱出できるのか緊張感を与えると同時に、地下でも愉快さを失わないキャラクターたちへの応援を誘う。何よりも危機の瞬間でも光を放つポジティブなエネルギーと、痛快なチームワークへの期待感を倍増させる。

大作映画「ザ・タワー 超高層ビル大火災タワー」のキム・ジフン監督をはじめ、実力派制作陣たちが具現した独創的なスケール、そして超大型シンクホールのリアルなビジュアルは深い没入感を与え、新しいパニック大作の誕生を予告する。

スクリーンを通じて具現される超大型シンクホール災難と、チャ・スンウォン、キム・ソンギュン、イ・グァンス、キム・ヘジュンの愉快なケミ(ケミストリー、相手との相性)への関心を集めるパニック映画「シンクホール」は、韓国で8月11日に公開される。

記者 : クァク・ミョンドン