「オーケー、グァン姉妹」ホン・ウニ、チェ・デチョルにもう子どもは要らないと宣言

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「オーケー、グァン姉妹」放送画面キャプチャー
ホン・ウニがチェ・デチョルに子どもを産まないと言った。

7月18日に韓国で放送されたKBS 2TVの週末ドラマ「オーケー、グァン姉妹」第36話で、イ・グァンナム(ホン・ウニ)はペ・ビョンホ(チェ・デチョル)にポクドンイ(息子)だけしっかり育てたいと話した。

ペ・ビョンホはイ・グァンナムと2度目の結婚を控えて、「明日が結婚だ。母の占い師はすごい。私に3回結婚すると言っていた。こうやって3回目をするね」と不思議に思った。

また、イ・グァンナムは「携帯の登録名がお姫様は嫌だ」と言って“ポクドンイのママ”に名前を変えてほしいと頼んだ。ペ・ビョンホは「母の占い師がもう一つ予言したことがある」と、娘がもう一人できるという占いの結果を言おうとした。

これに対して、イ・グァンナムは「娘がもう1人いるってこと? そんなの無理だよ。私43歳だから」と言うと、ペ・ビョンホは「テンジャおばさんが49歳でトゥギを産んだでしょう? 僕は自信あるから」と話した。

しかし、イ・グァンナムは「私は産めるとしても産まないつもり。ポクドンイだけ育てたい。もし私が子どもを産んだら、ポクドンイにミスをするかもしれない。私は素晴らしい人格を持っていないから、ミスをするかもしれない。私はポクドンイ1人で十分」と話した。

記者 : ユ・ギョンサン