SM、ストーカーからプライバシー侵害まで…アーティストへの迷惑行為に警告「善処なく法的措置」

MYDAILY |

写真=SMエンターテインメント
SMエンターテインメント(以下SM)が所属アーティストのプライバシー侵害行為に対して、法的対応を予告した。

SMは16日、公式ホームページを通じて「アーティストのプライバシー侵害行為の自制要請ならびにこれに対する法的措置の件」というタイトルの文章を掲載した。

SMは「現在、ファンの皆さんの協力および内部のモニタリングを通じて、ポータルサイト、SNS、コミュニティなど、オンライン上でのアーティストへの誹謗中傷、悪質なデマなどを掲示または流布して、アーティストの名誉を毀損したり、侮辱する行為などに対して刑事告訴を行い、対応している」とし「所属アーティストへのいわゆる“私生ファン(サセンペン:芸能人の私生活まで追いかけるファン)”の過度なプライバシー侵害行為も、これ以上見過ごさず、厳正に対応していく予定だ」と明かした。

続いて「タクシーを使って長期間にわたりアーティストの後を追ったり、軍服務中のアーティストの服務場所の出勤・退勤をつきまとう行為、住所を調べて室内または駐車場などに侵入したり、差出人が確認できない方法で一方的に宅配物を送るなど、“私生ファン”の無分別なストーカー行為により、アーティストはもちろんその家族、知人、隣人など周りの方々にまで精神的・物理的に深刻な被害が及んでいる」と被害を訴えた。

そして「このような行為は愛情を込めたファンとしての表現方法ではなく、アーティストなどのプライバシーを侵害する違法行為であり、明らかな犯罪だ。最近制定された『ストーカー犯罪の処罰などに関する法律』に従って、実刑を受ける可能性もある」と警告した。

最後にSMは「所属アーティストを保護するため、これまで“私生ファン”について堅持してきた寛容な態度ではなく、善処や合意することなく断固とした強硬な法的措置を取る予定だ」とし「関連する証拠資料を多く確保しており、今後も関連する証拠を確保し続けていく計画だ。これを根拠に刑事告訴はもちろん、精神的・財産的損害賠償を請求するなど、民事・刑事上の可能なすべての法的措置を取る予定だ」と述べた。

【SMエンターテインメント 公式コメント全文】

SMエンターテインメントです。

所属アーティストへの深刻なレベルのプライバシー侵害ならびに、名誉毀損などの違法行為が続いており、これに関する弊社の立場をお知らせします。

弊社は現在、ファンの皆様の協力および内部モニタリングを通じて、ポータルサイト、SNS、コミュニティなどオンライン上でのアーティストへの誹謗中傷、悪質なデマなどを掲示または流布して、アーティストの名誉を毀損したり、侮辱する行為などに対して、刑事告訴を行い、対応しています。

所属アーティストへのいわゆる“私生ファン”の過度なプライバシー侵害行為も、これ以上見過ごさず、厳正に対応していく予定です。

タクシーを使って長期間にわたりアーティストの後を追ったり、軍服務中のアーティストの服務場所の出勤・退勤をつきまとう行為、住所を調べて室内または駐車場などに侵入したり、差出人が確認できない方法で一方的に宅配物を送るなど、“私生ファン”の無分別なストーカー行為により、アーティストはもちろんその家族、知人、隣人など周りの方々にまで精神的・物理的に深刻な被害が及んでいます。このような行為は愛情を込めたファンとしての表現方法ではなく、アーティストなどのプライバシーを侵害する違法行為であり、明らかな犯罪です。最近制定された「ストーカー犯罪の処罰などに関する法律」に従って、実刑を受ける可能性もあります。

弊社は所属アーティストを保護するため、これまで“私生ファン”について堅持してきた寛容な態度ではなく、善処や合意することなく断固とした強硬な法的措置を取る予定です。すでに監視カメラ及びドライブレコーダーの映像、写真や動画などの撮影物、通信記録、郵便物、メールなどの関連する証拠資料を多く確保しており、今後も関連する証拠を確保し続けていく予定です。これを根拠に刑事告訴はもちろん、精神的・財産的損害賠償を請求するなど、民事・刑事上の可能なすべての法的措置を取る予定です。

“私生ファン”は、アーティストのプライベートを侵害する行為を直ちに止め、間違った行動によって処罰を受けるようなことのないよう、ご注意お願いいたします。

記者 : カン・ダユン