ソンフン、新ドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン」の出演オファーを受けて検討中…イム・スヒャンと10年ぶりの共演なるか

Newsen |

俳優のソンフンが「ジェーン・ザ・ヴァージン」の出演を検討している。

所属事務所Stallionエンターテインメントの関係者は本日(15日)、Newsenに「ソンフンがドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』の出演を提案され、検討している」と伝えた。

同名のアメリカのドラマを韓国バージョンでリメイクしたこの作品はおばあさんの話に従って、結婚前に純潔を命のように守っていた主人公が、定期検診中に医者のミスで財閥の御曹司の子を妊娠することになったストーリーを描くラブコメディだ。

これに先だってイム・スヒャンが「ジェーン・ザ・ヴァージン」の出演を前向きに検討していると伝えた中、ソンフンがこの作品を次回作に決めるのだろうか、関心が高まっている。二人の出演が決まれば、SBSドラマ「芙蓉閣の女たち~新妓生伝」以来、10年ぶりに再会することになる。

「ジェーン・ザ・ヴァージン」は現在、キャスティングを決めており、編成の時期が議論されている。

記者 : キム・ノウル