パク・ソジュン、理想の家庭をめぐる発言が再び話題に…7年前のインタビューに様々な反応

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優のパク・ソジュンの過去の発言をめぐり、ネットユーザーからさまざまな反応が出ている。

27日、あるオンラインコミュニティを通じて、2014年に発売のファッション誌「GRAZIA」に掲載された、パク・ソジュンのインタビュー内容が投稿された。

該当のインタビューでパク・ソジュンは、今後の目標に関する質問に「とても多いが、僕は俳優である前に1人の人間として、良い父親、良い夫になりたい」と答えた。

また「妻に家庭を守ってほしいか?」という質問に、彼は「自分がそのような環境で育ったので、(将来)僕の子供にも母親の愛情の中で育ってほしい」と述べた。

そして「人は幼少期のうちに人生の価値観が形成されるという。愛されなかった子供が大人になったら、人間関係でトラブルを起こしたり、犯罪者になってしまう可能性もある」とし、「僕も良い父親になりたいが、とくに子供のそばには母親がいなければならないと思う。これが正解じゃないかもしれないけれど、今の僕にはこれが正解だ」と語った。

また「守ってあげたくなるような女性が好みだ。背が高い女性は1人でも生きていけそうな雰囲気がある。気になって心配したり、配慮してあげたくなるような女性が好き。そのようなタイプの女性は痩せている方が多い」と話した。

このインタビュー内容に対し、一部のネットユーザーは「パク・ソジュンの考え方は亭主関白だ」「女性の犠牲を強いる価値観」など、否定的な反応を見せた。一方では「一体何が問題か分からない。お金も稼いで子育てもしたいと言っているのに、専業主婦の女性が理想のタイプだというのがそんなに悪いことか」と、彼を擁護する声も出ている。

・パク・ソジュン、ファッション雑誌「W KOREA」7月号の表紙に登場…強烈なオーラ

・パク・ソジュン、映画「ザ・マーベルズ」でハリウッド進出?事務所はノーコメント

記者 : ヤン・ユジン