映画「謗法:在此矣」ポスターを公開…新たなゾンビが韓国に出現

Newsen |

写真=CJ ENM
さらに強力になったアクションと拡張された世界観で帰ってきた「謗法:在此矣」のポスターが公開された。

7月28日に韓国で公開される映画「謗法:在此矣」(監督:キム:ヨンワン)は、蘇った遺体“在此矣”による連続殺人事件を防ぐため、ミステリアスな事件を追う物語だ。

本日(28日)公開されたポスターでは、いわゆる韓国型ゾンビである“在此矣”たちのユニークな姿が目を引く。「蘇った遺体、在此矣。彼らを阻止する謗法が来る!」というフレーズと共に、目標に向かって疾走する在此矣たちのダイナミックな動きが収められている。顔と手が黒化して、壊れている在此矣のビジュアルは、彼らの正体と背景に対する好奇心を刺激し、道路上を襲撃する在此矣たちの姿が緊張感を倍増させる。

映画に新たに登場するキャラクターの在此矣は、「慵齋叢話」に登場する韓国の説話の妖怪の一種で、誰かの呪いや操りによって動く“蘇った死体”だ。ゾンビの原型に近い存在と見られる。表面上は人間と区別できず、言葉も分かり、考えることもできるように見えるが、呪術師の操縦を受けたらどのような障害物も突き抜けて、同時に同じ目標に向かって飛びかかる在此矣たちの激しい追撃が観客を圧倒する。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」「新感染半島 ファイナル・ステージ」のヨン・サンホ監督が脚本を手掛けた映画「謗法:在此矣」は、ドラマ「謗法」の世界観をもとに、“在此矣”という今まで見たことのない新しいキャラクターと新鮮な見どころで、ジャンルの幅を広げる。「謗法:在此矣」は、7月28日に韓国で公開される。

記者 : ペ・ヒョジュ