キム・ユンソク&チョ・インソン主演、映画「モガディシュ」予告映像第1弾を公開…韓国で7月28日に公開決定!

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
映画「モガディシュ」が韓国で7月28日の公開を確定し、予告映像第1弾を公開した。

約30秒で観客たちを夢中にさせる今回の予告映像は、1991年にソマリアの首都であるモガディシュで孤立してしまった人々の切迫した状況を描いている。

公開された予告映像には、戦争を彷彿とさせるデモ現場、そこで孤立してしまった人物たちの姿が収められた。「私たちのこうした状況、ソウルの本部は全く知らないのでしょうね」という大使夫人のキム・ミョンヒ(キム・ソジン)のセリフは、彼らがすべての連絡と資源が途絶えた切迫した状況であることを暗示する。「内戦、孤立、脱出」という3つのキーワードで「モガディシュ」のストーリーを説明する予告映像は、混乱に陥った都市と切迫した人物にスポットライトを当て、期待感を抱かせる。

「モガディシュ」は1991年、ソマリアの首都であるモガディシュで、内戦によって孤立してしまった人々の命がけの脱出を描いた映画だ。大韓民国大使館のハン・シンソン大使(キム・ユンソク)と国家安全企画部出身の情報要員カン・デジン参事官(チョ・インソン)を皮切りに、大使夫人のキム・ミョンヒ(キム・ソジン)、書記官のコン・スチョル(チョン・マンシク)、事務員のチョ・スジン(キム・ジェファ)、末っ子事務員のパク・ジウン(パク・ギョンヘ)、北朝鮮のリム・ヨンス大使(ホ・ジュノ)とテ・ジュンギ参事官(ク・ギョファン)、北朝鮮大使館の職員まで、嘘のような状況で生き残るために最善を尽くす人物の物語を描いた。

「モガディシュ」は予告映像第1弾に続き、本日(21日)午後6時に予告映像第1弾の拡大版を公開する予定だ。リュ・スンワン監督の11作目となる長編映画「モガディシュ」は7月28日、観客たちに心に残る忘れられないストーリーを披露する予定だ。

記者 : クァク・ミョンドン