チャ・テヒョン、新ドラマ「警察授業」ラフな姿のスチールカットを公開…刑事に変身

Newsen |

写真=ロゴスフィルム
チャ・テヒョンが「警察授業」を通じて刑事に変身し、お茶の間に爽快さを届ける。

韓国で今年下半期に放送がスタートするKBS 2TVの新月火ドラマ「警察授業」(演出:ユ・グァンモ、脚本:ミンジョン、制作:ロゴスフィルム)は、リラックスした雰囲気と老練な雰囲気が共存するチャ・テヒョンのスチールカットを公開した。

「警察授業」は、全力を尽くして犯人を捕まえる刑事と、賢い頭で全ての問題を解決する元ハッカーの犯罪者の学生が、警察学校で教授と生徒として出会い、協力して捜査を行うドタバタキャンパス物語だ。

チャ・テヒョンは捜査1課のベテラン刑事で警察大学の教授ユ・ドンマン役を演じる。あらゆることにぶつかってきた“野生馬”の本能を発揮し、大事件を解決してきた彼は、何も考えずストレートに言わなければ気が済まない“行動派”のキャラクターだ。20年間、全国各地であらゆる経験をしたユ・ドンマンは、天才ハッカーで警察大学の新入生のカン・ソンホ(B1A4 ジニョン)と複雑に絡み合い、きわどい衝突を見せるといい、関心が高まっている。

6月21日に公開された写真の中でチャ・テヒョンは、ラフなスタイルを着こなし、視線を奪う。乱れた髪で人間味を見せている彼は、優しいカリスマ性を持った目でベテランの実力を感じさせる。

制服姿のチャ・テヒョンは、余裕のあるポーズとコントラストをなす深い眼差しで優れたオーラを披露している。ユ・ドンマンになった彼が事件と事故が絶えない“警察キャンパスストーリー”をどのように引っ張っていくだろうか、若者たちとどんなケミ(ケミストリー、相手との相性)を見せてくれるだろうか、好奇心を刺激する。

「警察授業」の制作陣は「チャ・テヒョンは重厚で愉快にチャ・テヒョンだけの特色を込めてユ・ドンマンのキャラクターを作り上げている。これまでドラマでは見られなかった警察大学を背景に、時には笑いを、時には感動を与えるユ・ドンマンの話を『警察授業』で確認してほしい」と語った。

記者 : キム・ミョンミ