WEi キム・ヨハン&キム・ヨンデら、新ドラマ「学校2021」に出演決定…若手4人の豪華ラインナップが完成

MYDAILY |

写真=各所属事務所
WEiのキム・ヨハン、キム・ヨンデ、チョ・イヒョン、ファン・ボルムビョルが「学校2021」の主演俳優としてキャスティングを確定し、新しい学園モノの誕生を予告した。

1999年に韓国で初放送された「学校」は2017年まで興行不敗の神話を達成して、KBSを代表するドラマシリーズとして位置付けられた。本日(21日)、「学校2021」(脚本:トン・ヒソン、チョ・アラ、演出:キム・ミンテ)の関係者によるとキム・ヨハン、キム・ヨンデ、チョ・イヒョン、ファン・ボルムビョルがKBS「学校」の8番目の物語である「学校2021」を引っ張る主演として確定された。

同作は入試競争ではなく違う道を選択した子供たち、曖昧な境界に置かれた18歳の若者たちの夢と友情、トキメキの成長過程を描いた作品だ。

キム・ヨハンは負傷で11年間やってきたテコンドーという夢を失い、何をすればいいのか分からなくて彷徨うコン・ギジュン役に扮する。WEiでは強烈さを、ウェブドラマ「美しかった私たちへ」を通じて爽やかな魅力を披露した彼が、「学校2021」でどんな新しい姿で魅力的なキャラクターを完成させるのか、期待が高まっている。

キム・ヨンデは人知れぬ事情を持つ転校生チョン・ヨンジュ役を演じる。「偶然発見した一日」「ペントハウス」「浮気すれば死ぬ」などで多様なキャラクターを務めてきた彼女は、「学校2021」を通じて視聴者に強烈な印象を与える予定だ。特にチョン・ヨンジュはコン・ギジュンと過去の秘密を共有した人物で、キム・ヨハンとのブロマンス(男同士の友情)に関心が集められる。

チョ・イヒョンは確固たる夢を持つ堂々とした女子高校生チン・ジウォン役に扮する。「賢い医師生活」を通じてしっかりしたキャラクターを演じた彼女が、進学と関連して母との葛藤があるにも関わらず、堂々と自分の考えを主張するチン・ジウォンを通じて、もう一度強烈な存在感を披露する予定だ。

最後にファン・ボルムビョルは韓国のトップ5の大学への進学のため、自ら入試準備をするスマートなカン・ソヨン役を演じる。「少女の世界」を通じて実力を築いた彼女は、現実的かつ堂々とした魅力でキャラクターと完璧なシンクロ率を誇り、視聴者たちを魅了するとして新たに作り出す最高のキャラクターへの好奇心を刺激する。

このように「学校2021」は最高のラインナップ、前作の「学校」シリーズほどしっかりした構成とグレードアップしたストーリーを予告して、視聴者たちの関心を一身に受けている。特に歴代シリーズを通じてイ・ジョンソク、キム・ウビンをはじめペ・ドゥナ、チョ・インソン、イム・スジョン、コン・ユなど多くのスターを排出しただけに、キム・ヨハン、キム・ヨンデ、チョ・イヒョン、ファン・ボルムビョルが彼らの系譜を継いでスターダムにのし上がることができるのか、注目が集められている。

KBS 2TV新水木ドラマ「学校2021」は、韓国で今年下半期に放送される予定だ。

記者 : キム・ミリ