パク・ミニョンからソン・ガンまで、新ドラマ「気象庁の人々」キャストが決定!美男美女の共演に期待

Newsen |

写真=Namoo Actors、H&エンターテインメント、Awesome ENT
パク・ミニョン、ソン・ガン、ユン・バク、Girl's Day ユラが「気象庁の人々:社内恋愛残酷史編」への出演を確定した。

来年上半期に放送される予定のJTBC新ドラマ「気象庁の人々:社内恋愛残酷史編」は、熱帯夜より熱く、局地性豪雨より予測できない気象庁の人々の仕事と愛を描いた職場ラブストーリーだ。日常に一番密接している天気を伝えるところだが、どのような人たちがどのように働くのかは知られてこなかった未知の空間、気象庁を背景に展開される初めてのドラマだという点で期待が高まる。

何より、脚本家、監督、俳優の組み合わせが完璧だ。まず、JTBC史上最高視聴率を記録したドラマ「夫婦の世界」をはじめ、「ミスティ」「カッとナム・ジョンギ」など話題作を誕生させたカン・ウンギョンとクルLine所属の脚本家ソニョンが脚本を担当する。また、昨年の百想芸術大賞でTV部門の大賞を受賞した「椿の花咲く頃」で、人間に対する繊細かつ温かい視線と緊張感あふれるスリラーを同時に展開する独特な演出を披露し、次期作が期待できる監督に選ばれたチャ・ヨンフン監督が演出を担当する。ここにラブコメの女王パク・ミニョンと今最もホットな俳優のソン・ガン、キャラクターにぴったりな魅力を表現するユン・バクとユラまで加わり、期待のラインナップを完成させた。

まず、パク・ミニョンは気象庁総括2課の総括予報官チン・ハギョン役を演じる。ハギョンは仕事なら仕事、自己管理なら自己管理、全てがしっかりとしており、公と私が確実で対人関係もしっかりとしている女性だ。原則主義と全ての人間関係に線を引く性格のせいで、気象庁内では“自発的なアウトサイダー”と呼ばれている。しっかりとした演技力で作品ごとに視聴者の記憶に長く残るキャラクターを作ってきたパク・ミニョンと、チン・ハギョンの高いシンクロ率に対する期待感が高まる。

気象庁総括2課特報担当イ・シウ役はソン・ガンが演じる。シウは型にはまらない思考となににも縛られない自由な魂の持ち主だ。思考方式も心遣いも人間的な彼のIQはなんと150。本気でやればなんでもできるものの、彼が興味を持つのは天気だけ。お茶の間を虜にした今最もホットなソン・ガンがチャレンジする初めての会社員役で、今まで見たことのない可能性を見せることが期待されている。

ユン・バクは気象庁代弁人室の通報官ハン・ギジュンに扮し、エリートに変身する。整ったルックスと同じように理路整然としたギジュンは、説得力も素晴らしい。新人だったころ、予報局総括チームが苦戦を強いられている理由を流暢に伝え、代弁人室に電撃スカウトされた。しかし、ずっと優等生だったため、失敗に対する耐性は弱い。端正かつスマートなユン・バクだけの魅力が際立つキャラクターの誕生が予想される。

最後に、ユラが演じるチェ・ユジンは日刊紙の気象専門記者だ。スクープが出る事件現場で記事を送稿するかっこいい姿を想像しながら記者になったが、ユジンが配置されたのは「天気と生活チーム」。最初は退屈だと思っていたが、予測できない天気と事件事故が絶えない気象庁に愛情を持つようになる。好き嫌いがはっきりしていて、なんでも中途半端がない記者役にユラだけの弾ける魅力が加わり、斬新なキャラクターに仕上がると見られる。

制作陣は「台本読み合わせを皮切りに、もうすぐ撮影に突入する予定だ。完璧な脚本家、監督、俳優の組み合わせがどんな相乗効果を生み出すか、制作陣の期待も高い。一生懸命に準備し、最高の作品でお茶の間を訪れる」と覚悟を伝えた。

・パク・ミニョン、風船とケーキでお祝い?晴れやかな笑顔に視線釘付け

・【PHOTO】ソン・ガン&ハン・ソヒ、新ドラマ「わかっていても」制作発表会に出席

記者 : パク・スイン