IZ*ONE、再結成説が浮上…CJ ENMがコメント「様々な可能性を考え議論中」

Newsen |

写真=Newsen DB
IZ*ONEの再結成が高方面で議論されている。

6月19日、CJ ENMの関係者はNewsenに「各事務所と様々な可能性を開いて対話をしているのは事実だが、決まったことはない」と再結成説に対してコメントした。

IZ*ONEは今年4月、2年6ヶ月間の活動を終了した。一部のファンはIZ*ONEの再結成のためのクラウドファンディングを進行、現在まで約32億ウォン(約3億円)以上を集めた。

これに対してCJ ENMは「ファンの方々がファンディングを行ったこともよく知っている。声援に感謝してる。もしIZ*ONEが再結成してアルバムを制作することになれば、弊社が投資、進行することを計画している」と答えた。

IZ*ONEはMnetのオーディション番組「PRODUCE48」を通じて誕生したプロジェクトガールズグループで、クォン・ウンビ、宮脇咲良、カン・へウォン、チェ・イェナ、イ・チェヨン、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、矢吹奈子、本田仁美、チョ・ユリ、アン・ユジン、チャン・ウォニョンで構成された。「La Vie en Rose」「Violeta」「FIESTA」などをヒットさせながら韓国国内外の音楽ファンに愛された。

4月で活動を終了したメンバーたちは、現在それぞれの事務所に戻り、グラビア撮影や個人SNS開設などで独り立ちを始めた。

・IZ*ONE、惜しまれながらグループ活動終了へ…これまでの輝かしい活躍を振り返る

・宮脇咲良、HKT48卒業を公式発表…IZ*ONEの活動終え今後の行方に注目集まる

記者 : イ・ハナ