SEVENTEEN ディエイト、振り付けの練習中に負傷…8thミニアルバムの活動は?「無理のない範囲で参加」

MYDAILY |

SEVENTEENのディエイトが、カムバックを控えて足首の痛みを訴え、病院で精密検査を行った。

17日、所属事務所Pledisエンターテインメントは「ディエイトは先日、振り付けの練習中に足の甲や足首に痛みを感じ、病院で治療や精密検査を行った」とし、「その結果、専門医より日常生活には支障がないものの、治療に集中して休息を取るなど、無理な動作は最小限に控えなければならないとの所見を受けた」と伝えた。

続けて「弊社はアーティストの好転状態や経過を見守りながら、8thミニアルバム『Your Choice』の活動に参加するかどうかについて話し合ったが、活動に対するアーティスト本人の意志が強く、無理のない範囲で活動に参加することを決めた。ディエイトはパフォーマンスを最小限に控えながら、今回のカムバック活動に参加する予定だ」と説明した。

所属事務所は「ファンの皆様にご心配をおかけし、お詫び申し上げる。弊社は今後、ディエイトが健康な姿でファンの皆様と共に時間を過ごせるよう、治療や回復に最善を尽す」と伝えた。

SEVENTEENは、本日午後6時に8thミニアルバム「Your Choice」を発売し、8ヶ月ぶりにカムバックする。

・SEVENTEEN、米ABCの有名トークショー「ジミー・キンメル・ライブ!」に初出演決定!新曲のステージを披露

・SEVENTEEN ディエイト、3rdデジタルシングル「Side By Side」MVを公開…甘い魅力をアピール

記者 : パク・ユンジン