キム・ジホ、約4年ぶりの映画復帰!「発信制限」でさらに深まった演技を披露

OSEN |

写真=INYEONエンターテインメント
女優キム・ジホが「発信制限」で映画に復帰する。ヤン・ウソク監督の映画「鋼鉄の雨」以来、4年ぶりだ。

キム・ジホは映画「発信制限」(監督:キム・チャンジュ)でヨンス役に扮し、さらに深まった感情の演技で観客と出会う。

「発信制限」は、銀行のセンター長ソンギュ(チョ・ウジン)が子供たちを登校させていた朝の出勤途中、「車から降りる瞬間に爆弾が爆発する」という謎の発信番号の表示制限(非通知発信)電話を受けることで危機に陥る都心追撃スリラーだ。

「発信制限」は映画「テロ,ライブ」「最後まで行く」などスリラー映画の編集に優れた能力を見せたキム・チャンジュ監督の演出デビュー作だ。俳優チョ・ウジン、イ・ジェイン、キム・ジホなど演技派俳優らの出演で期待が高まっている。

キム・ジホはドラマ「ハッピー・レストラン~家和萬事成~」 「本当に良い時代」「女を知らない」から映画「鋼鉄の雨」「純情」「折れた矢」など様々な作品で幅広い演技を見せてきた。バラエティ番組「巣から脱出2」で司会進行の実力まで披露し、あらゆる分野で活躍している。

記者 : キム・ボラ