キム・ユンソク&チョ・インソン主演、映画「モガディシュ」モロッコでオールロケ撮影!風景にも注目

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
映画「モガディシュ」がアフリカ・モロッコでのオールロケ撮影を終了し、観客の期待を高めた。

リュ・スンワン監督の新作「モガディシュ」は1991年、ソマリアの首都であるモガディシュで内戦によって孤立してしまった人々の命がけの脱出を描いた映画だ。

本作の舞台となる1991年のソマリアを再現するために、制作陣は多様な国を調べて、ロケ地はモロッコに決定した。実際、モロッコはスペイン、イタリアなど、欧州と隣接しており、映画のインフラが整っていて、現地プロダクションをスムーズに行うことができる国だ。

「ミッション:インポッシブル / ローグ・ネイション」「ボーンアルティメイタム」「グラディエーター」など、多様な作品を経験した現地のロケーションマネージャーであるモハメド(Mohamed Benhmamane)が本作の制作陣の大きな力になってくれた。そのおかげで、「モガディシュ」はセット撮影やCG撮影まで、モロッコの現地で撮影され、アフリカ大陸のリアルな風景をカメラに収めることができた。

コロナ過前に行われた「モガディシュ」のロケ撮影は、クランクイン6ヶ月前からモロッコ政府の許可と協力を得て始まった。さらに現地で撮影した写真資料を使って映画のストーリーに合うコンセプトを構成し、時代の背景に適した空間を作ることにフォーカスを当てた。

例えば、舗装した道路の上に土を加えて非舗装道路を作ったり、建物の上に当時ソマリアの建築様式を再現するなど、リアリティ溢れる作品作りのために努力した。特に室内撮影も全てモロッコで行われ、アフリカ大陸固有の採光を作品に収めることができた。

このように言語の壁と文化の差を乗り越えて完成した「モガディシュ」は観客に新たな風景を体験できるチャンスを届けると予想される。「モガディシュ」は今夏公開予定だ。

記者 : キム・ナラ