April ナウン&ジンソル、約4ヶ月の沈黙破り初めてコメント…いじめ疑惑を否定「絶対にない」

Newsen |

写真=Newsen DB
Aprilのナウンとジンソルが、元メンバーのヒョンジュへのいじめ疑惑について、約4ヶ月の沈黙を破り否定した。

ヒョンジュは4月に自身のInstagramを通じて「デビューを準備していた2014年から、グループを脱退した2016年まで、メンバーからのいじめが続いた。3年間、持続的に暴行、暴言、悪口などに苦しめられたが、事務所はこれを知っていたにもかかわらず傍観していただけで、何の措置も取らなかった」と暴露した。

当時、Aprilの所属事務所であるDSPメディアは「客観的な事実とは全く異なる、一方的で歪曲した主張に過ぎない。Aprilのメンバーたちと所属事務所に対して犯した無責任な行動により、メンバーたちと事務所は耐えられない精神的な苦痛や損失を被った」とし、ヒョンジュを相手に法的措置を取ると明かした。

この騒動により、ナウンは出演が決定していたSBSドラマ「模範タクシー」から降板した。

当時、沈黙を守っていたナウンとジンソルは、最初にいじめ疑惑が提起されてから約4ヶ月にして、自ら疑惑を否定した。

11日、ナウンはAprilの公式ファンコミュニティを通じて「今までのことにわざわざ言及したくはないけれど、本当にそんなことはない、違うと……この一言だけは言いたかった」とし「夢を叶えるために努力し、乗り越えてきた。もっと堂々とした人になりたいし、より成熟したいと思った」と明かした。

ジンソルも自身のInstagramを通じてコメントした。彼女は2016年12月にヒョンジュからもらった誕生日を祝う手紙を公開し、「脱退したメンバー(ヒョンジュ)とは特に顔を合わせる時間が少なかった。練習室にあまり出てこないし、宿所にもあまりいなかったので、スケジュールの時に会う程度だった。なので、プレイベートで話す機会は多くなかったけれど、お互いについて知っていこうと努力し、配慮した時間は間違いなくあった。そのメンバーと生活した時間と現在にいたるまで、そのメンバーに悪意を持ったり、そのような行動をしたことは絶対にない」といじめ疑惑を否定した。

また、元Aprilのメンバーで、現在はKARDのメンバーとして活動しているチョン・ソミンも、最近自身のInstagramに「丸く善良に生きればいいと思っていた。でも、世の中はそうではなかった。丸いだけだとあちこち蹴られて転がされるだけだった。少しは角が必要」と書き込んだ。

この投稿を読んだネットユーザーからは、ヒョンジュのいじめ問題に対する心境ではないかという推測があがった。

DSPメディアは、チョン・ソミンもいじめの加害者として挙げられたことについて「チョン・ソミンは16歳の時に当社の練習生として所属し、長い間黙々と練習してきた。Aprilとしてデビューした後、グループのリーダーの役割を果たすため、たくさん努力した。特定のメンバーを嫌い、いじめたなどは事実無根だ」とコメントした。

・元April ヒョンジュの発言をうけ…DSPメディアも反論「一方的で歪曲した主張に過ぎない」

・元April ヒョンジュ、事務所と対立も?沈黙破りいじめ疑惑に自ら言及…メンバー反論で食い違う主張

記者 : パク・スイン