GFRIEND解散から個人情報の流出まで…Source Musicが公式謝罪「失望させてしまった」

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
GFRIENDの所属事務所Source Musicが、グループの契約終了と関連して謝罪の意を伝えた。

本日(11日)、Source Musicは公式ファンコミュニティプラットフォーム「Weverse」を通じて長文の公式コメントを掲載した。Source Musicは「アーティストの契約終了をお知らせする過程において、スムーズにできなかったことに対し、申し訳ない」とし「何よりファンの皆さんの悲しみや困惑などを考慮できず、失望させてしまった点を心よりお詫び申し上げる」と伝えた。

続いて「契約終了日を控えて最後の最後まで議論が続き、関連した事項をまとめる時間的な余裕がなかった」と理由を説明した。また「それにもかかわらず、うまく締めくくるべきだったのに、失望させてしまい重ねてお詫び申し上げる」と頭を下げた。

これに先立って5月18日、所属事務所のSource Musicは「GFRIENDとの専属契約が5月22日付で終了となる」と、公式発表した。突然すぎるニュースにネットユーザーたちの憶測や推測が続くと、同月19日、「Weverse」を通じてGFRIENDのメンバー6人は自筆手紙を公開してファンに活動終了を伝えた。

また、Source MusicはGFRIENDとの契約終了の他にも、個人情報流出やメンバーシップの払い戻しの過程などで発生したトラブルに対しても謝罪した。

・GFRIEND、本日(5/22)でグループ活動終了へ…メンバーたちの新たな出発に期待

・GFRIEND、直筆手紙でグループ活動終了の心境を明かす“突然お伝えすることになって心が重い”

【Source Music 公式コメント全文】

こんにちは。Source Musicです。

アーティスト専属契約終了と関連した事後措置の過程におきまして、色々とトラブルがありました。弊社はこの事態に対して責任を痛感しており、下記のように謝罪の言葉をお伝えさせていただきたいと思います。

個人情報流出と関連して把握した内容と措置について申し上げます。

6月9日、「BUDDY MEMBERSHIP」(以下、メンバーシップ)の利用者を対象にGoogleサーベイを使ってメンバーシップ払い戻しのご案内及び、情報収集の過程において権限の設定エラーが発生し、約9分間22名の個人情報が流出する事故が発生しました。

弊社はメンバーシップ運営におきまして、一部の個人情報処理の業務をプラットフォームに委託しているため、個人情報処理業務を託したサイドとして徹底した管理・監督をすべきでしたが、疎かにした責任があります。この点お詫び申し上げます。対応の措置としては、事故発生を確認し、即時にエラーを修正して、すぐに個人情報保護委員会に個人情報流出を申告しました。個人情報が流出した会員の方々には別途のメールをお送りし、念のため、被害予防に向けた措置と被害の受付及び相談先、補償案をご案内いたしました。

今回の個人情報流出で、会員の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。今後、内部情報保護管理システムを改善し、このようなことが再発しないように努力いたします。

メンバーシップの払い戻しの過程についても謝罪申し上げます。

弊社が提示した払い戻しの方式が不適切だったというファンの皆さんからのご指摘がありました。現実的にキャッシュの効用が低く、申請の手続きが複雑で難しいというなどの問題提起に、遅れて追加的な方針をご用意しましたが、未熟な対応でご迷惑をおかけしました。カード会社の電子決済等代行業者(PG社)を通じた一括決済の取り消しが現実的に不可能で、大規模な払い戻しの過程で口座番号の間違いなど金融事故が発生する可能性があるという事実を勘案し、キャッシュで払い戻す方式を採択しましたが、結果的に不適切だった措置でした。

現金の払い戻しをご案内する途中でも、問題が発生し続けました。顧客センターの未熟な対応や疎通の過程でファンの皆さんを十分に配慮しなかった表現など、すべての部分の対応が不十分でした。頭を下げて謝罪申し上げます。

アーティストの契約終了を報告する過程がスムーズでなかった点、心よりお詫び申し上げます。

専属契約の終了に関するご案内ならびに後続措置が不十分だった点と、何よりもその過程でファンの皆さんの悲しみと戸惑いなどを考慮できず、失望させた点、大変申し訳ございません。

契約終了日を控えた最後まで専属契約に関する議論が続けられ、契約終了と関連した一連の事案を整理する時間が十分ではなかったので、色々と問題が発生しました。それにも関わらずしっかりと仕上げるべきでしたが、ファンの皆さんを失望させてしまい改めて謝罪の言葉を申し上げます。

ファンの皆さんが様々なかたちを通じて伝えてくださるご意見をできるだけ反映して、最後までしっかりと整理できるように最善を尽くしてまいります。

改めてファンの皆さんにお詫び申し上げます。

記者 : オ・ユンジュ