TWICE、10thミニアルバム「Taste of Love」でカムバック!“恋に落ちた瞬間を情熱的に表現しています”

Newsen |

写真=JYPエンターテインメント
TWICEがカムバックの心境を伝えた。

TWICEは2ndフルアルバム「Eyes wide open」の後、約8ヶ月ぶりとなる本日(11日)、ニューミニアルバム「Taste of Love」を発売し、2021年の夏を情熱の季節にする。

アルバムの発売に先立って、9日午後6時にタイトル曲「Alcohol-Free」をリリースして、一段とカムバックの雰囲気を盛り上げた。新曲はgenie Music、Bugs!など韓国の音楽配信サイトの9日付けデイリーチャート1位を記録した。ミュージックビデオは公開24時間後の10日午後6時基準でYouTubeでの再生回数が2000万回を突破し、同日YouTubeミュージックビデオ・トレンディングワールドワイド1位になるなど、世界的な人気を博した。

2018年にリリースした「Dance The Night Away」、2020年の「MORE&MORE」に続いて、“TWICE流のサマーソング”リストに新曲を追加した彼女たちが、カムバックを記念しニューアルバムについて語った。以下はTWICEの一問一答である。

――昨年10月に発売した2ndフルアルバム「Eyes wide open」以来、約8ヶ月ぶりのニューアルバムです。多くのファンが願っていた爽やかなコンセプトでのカムバックで、皆さんも感慨深いものがあったかと思いますが、感想を聞かせてください。

ジョンヨン:長い間準備してきたアルバムであり、活動に対する期待も大きいです。特に多くのファンの皆さんが、TWICEの爽やかなコンセプトを待ってくださっていただけに、多様なステージとパフォーマンスで大きな関心と応援にお応えしたいです。

ミナ:ニューアルバムが発売される度にTWICEの新しい姿をお見せしたくて、様々なコンセプトに挑戦してきました。今回は夏のカムバックであるだけに、爽やかなエネルギーを届けたくて一生懸命に準備しました。これまでの“清涼TWICE”とは一味違う魅力を見せる予定ですので、たくさん期待してほしいです。

ツウィ:まず、ファンの方々が私たちの爽やかなコンセプトを好評してくださり本当にありがたいです。ファンの方々に期待していただいているので、メンバーたちも頑張ってさらに一生懸命に準備することができました。今回の10thミニアルバムのタイトル曲「Alcohol-Free」は、楽な気持ちで聴いていただける涼し気な夏の歌なので、たくさん愛してほしいです。

――これまでさまざまな姿を披露してきたTWICEが、今回のアルバムではどのような姿を披露したかったのか、またこれまで発売してきたアルバムと最も大きな違いは何ですか?

ジヒョ:“成長”というキーワードで申し上げたいのですが、恋について確信を持って話すことができるという点が、前作との最も大きな違いです。5thミニアルバム「What is Love?」では、恋とは何なのか気になってときめく様子を収めていたとすれば、今回の10thミニアルバム「Taste of Love」では、恋に対する答えを見つけたと言うことができます。TWICEが成長してきた姿もこれと同じだと思います。デビュー曲「OOH-AHHに(優雅に)」から「Alcohol-Free」までずっと聴いていくと、さまざまな方向で「TWICEがこんなに成長したんだ!」と感じることができるんじゃないかと思います。成長していく私たちの姿を、音楽の中でも発見していただけたらとても嬉しいです。

サナ:今回のアルバムのタイトル曲「Alcohol-Free」ではボサノバジャンルに初めて挑戦しましたが、恋に落ちた時に魔法にかかったようなその瞬間を、これまではラブリーな魅力を通じてお見せすることに重点を置いていたとすれば、今回は情熱的な姿まで表現しようとしました。新しい雰囲気の“清涼TWICE”を表現するために一生懸命に準備したので、たくさん愛してください!

ダヒョン:今回のアルバムは、タイトル曲を除く収録曲の全曲を、メンバーたちが作詞を務めました。これまでアルバムを発売する度に、メンバーたちが作詞に参加して着実に制作に参加してきたので、今回のアルバムにも自信を持って挑戦することができました! 収録曲の作詞のクレジットをすべてTWICEメンバーたちの名前で埋め尽くすことができて本当に嬉しいです。私たちが全身全霊で作詞した収録曲もたくさん愛してください。

――Taste、Fallen、In Loveの3種類のビジュアルコンセプトで話題を集めました。この中で1番気に入ったコンセプトとその理由は何ですか?

ジョンヨン:Tasteバージョンが1番好きです。多くの方々が、TWICEといえば爽やかなコンセプトを思い浮かべるので、私たちのグループを1番よく表しているコンセプトと思います! 特に今回はスカーフで衣装を制作したりポイントを入れましたが、このようなディテールが爽やかな雰囲気を一段と際立たせていて、より一層特別に感じられます。

モモ:Fallenバージョンのコンセプトが好きです。メンバー全員がキレイに撮れていることもありますし、中南米の夜の雰囲気を表現したコンセプトは初めてなので、新しく感じました。揺れるネオンサインによる撮影技法で“恋に落ちた気持ち”がよく表現できていて、涼し気でありながらも強烈な魅力を同時に感じることができて気に入っています。

チェヨン:In Loveバージョンが1番最も気に入りました。奥深い色と共に神秘的な感じがして良かったです。そして「『Taste of Love』がビジュアル的にはどのようなものになるんだろう?」と想像した時、視覚的に最もよく具現化したコンセプトだと思います。いろいろな感情がよぎって、ドキドキする気持ちがよく表現されていて、特に気に入っています。

―― タイトル曲「Alcohol-Free」はどんな曲ですか? また「Dance The Night Away」と「MORE&MORE」により“ロングセラーのサマーソング”を誕生させ、新曲「Alcohol-Free」が“TWICE流サマーソング”のヒットの系譜を継ぐものと期待を集めています。”TWICE流サマーソング”だけの特徴は何なのか、また多くの人々に愛される理由は何だと思いますか?

ナヨン:気持ちのよい清涼感が最も大きな特徴だと思います。TWICEのグループのアイデンティティに、明るさと爽やかさは欠かせませんから。だから“TWICE流サマーソング”は、聴いたら涼しくて気分が良くなるという特徴があると思います。

モモ:TWICEのサマーソングが愛される理由は、ファンの皆さんのおかげだと思います。海が背景として登場した「Dance The Night Away」のミュージックビデオのように、TWICEの爽やかで澄んだ雰囲気が詰め込まれたコンセプトを、ファンの方々がたくさん応援してくれました。新曲「Alcohol-Free」も似ていますがまた別の雰囲気なので、喜んでいただけると思います。

ミナ:TWICEが持つ明るい雰囲気が、夏という季節にぴったりだと思います。またそれだけ多くの方々が “清涼ワイス(清涼+TWICE)”を愛してくださって本当に感謝しています。今回も皆さんの夏を熱いけれど爽やかにします!

―― TWICEがボサノヴァにヒップホップを取り入れたジャンルの楽曲「Alcohol-Free」で新しいジャンルの音楽に挑戦しました。今回の作品を通じてどのような姿を見せたいですか?

ジョンヨン:「Alcohol-Free」は、「Dance The Night Away」や「MORE&MORE」とは異なる、魅惑的でありながらも爽やかな魅力を表現しています。3曲共に夏の雰囲気がありますが、それぞれ異なる雰囲気の夏を表現していて、「TWICEの夏は、いつも一味違う!」という印象を与えたいです。

チェヨン:今回の楽曲は、少し場所が変わったような感じです。「Dance The Night Away」が完全に爽やかな海の背景だとすれば、「Alcohol-Free」はリゾート地で特別な休暇を過ごす気分に似ています。今回の活動を通じて、さまざまな雰囲気をうまく表現して、より一層成長して変化するTWICEの限りない魅力をお見せしたいです。

ツウィ:新たなラテンジャンルの音楽に挑戦しました。9thミニアルバムの収録曲の中で、「FIREWORK」という曲がややダークな雰囲気のラテン曲だったのですが、今回のタイトル曲は明るい雰囲気なので、夏にぴったりです! 聴きながら楽しく踊ることができる素敵なサマーソングです。

―― 新しいタイトル曲の作詞・作曲・編曲を務めたパク・ジニョンプロデューサーからはどんな言葉をもらいましたか?

ナヨン:すごく細かく歌詞の一つひとつを説明しながら、その雰囲気をしっかりと表現できるようにディレクティングしてくれました。

ジヒョ:今回のレコーディングをしながら「もっと南米の雰囲気を出すことができるように、南米の料理を食べよう」とコメントしていただいて、面白かったです(笑)。

―― タイトル曲「Alcohol-Free」の題材がユニークですが、これを一つの文章または単語で表現するとしたら?

サナ:「お酒に酔っていないけれど、雰囲気に酔わせる魔法」だと思います。全く酔っていないけれど、あなたと一緒にいるこの雰囲気に酔うという内容なんです。魔法のようにお互いが好きになる魅力的なラブソングです。

ジヒョ:“どぼん!”と表現したいです。「すっかりあなたに酔う」「あなたの魅力に陥る」という意味からです!

ダヒョン:「気分が良くなる魔性のMusic~」と表現したいです。「Alcohol-Free」は、聴いていると本当に楽しくなる楽曲で、リゾート地に来たような気分でテンションが上がります。テンションを上げたい時に「Alcohol-Free」をぜひ聴いてください。

――歌詞に登場する甘いワインとカクテルの名前も目を引きます。その中で、新曲と1番ぴったりの飲み物を一つ挙げるとしたら何でしょうか?

モモ:ミモザです! ファンの方々が、ミナ、モモ、サナの名前の頭文字を取って呼んでいただく愛称でもあるので、言う度にますます楽しくなります! 今回の新曲は、楽しい雰囲気の楽曲なので、歌う時に自分自身が楽しく感じてこそ、ファンの方々も気持ちよく聴いていただけると思います。だからミモザが今回の新曲と1番ぴったりの飲み物だと思います。

ジョンヨン:ピニャ・コラーダが新曲と1番合うと思います。ピニャ・コラーダはパイナップルで作られた飲み物で、パイナップルの爽やかさと涼しさが夏の代名詞と思いました。今年の夏は、家族や友達と一緒にパイナップルを食べながら、「Alcohol-Free」を一緒に楽しんでいただいても良いと思います(笑)。

ミナ:モヒートが1番ぴったりの飲み物だと思います。モヒートの炭酸の刺激とミントで感じられる冷たさが、蒸し暑い夏を吹き飛ばす感じというべきでしょうか(笑)。今年の夏、「Alcohol-Free」を通じてモヒートのさっぱりしたミントのような魅力をお見せします。

――新曲の歌詞のように、TWICEをハマらせるものがあるとしたら何ですか?

チェヨン:歌を探すことです! 自分の好みに合う歌を探すのが好きなのですが、ずっと探していると、自分も知らないうちに掘り下げていって、止まらなくなるんです。

ツウィ:愛犬のバターとカヤにすっかりハマっています。見ているだけでも幸せになります!

――ミュージックビデオの鑑賞ポイントを教えてください。

ナヨン:済州島(チェジュド)の海辺で撮ったシーンが、全体的にとてもきれいに撮れています。ミュージックビデオのシーンの中で、夕焼けの色を捉えるシーンがあるんですけど、夕暮れの時間がすごく短いので、一度でオーケーカットを出すためにメンバーとスタッフの方々が全員集中して努力したことを思い出します。みんなの努力が詰め込まれているだけに、ファンの方々もこの夕焼けのシーンを集中して見ていただき、目と心に留めていただきたいです。

チェヨン:恋に落ちる瞬間をさまざまなメタファーで表現したのが、今回のミュージックビデオの鑑賞ポイントだと思います。特に私の身体が浮き上がるシーンがあります。恋に落ちた時、宙に浮かぶような感情を表現しました。TWICEの代表曲「What is Love?」の歌詞の中で、「身体が宙に舞うようだって」という歌詞ともつながるような気がしませんか(笑)?

ツウィ:私は恋に落ちたメンバーたちの様子がカメラに収められたところが良かったです。恋の味はどんなものだろうと想像しながらミュージックビデオを撮りましたが、わくわくしながらも楽しくて甘い気持ちを表現しようと努力しました。その部分を様々なエフェクトと共にきれいに収めていただきましたが、ファンの方々も恋の味とはどんなものか想像しながらミュージックビデオを鑑賞するのも良いと思います。

――TWICEといえば群舞が欠かせません。今回の新曲のパフォーマンスの中で最も気に入っているパートはどこですか?

ナヨン:チェヨンのラップパートのパフォーマンスが1番好きです! そのパートは全部好きですけど、特に「Makes the whole world bright and sunny」のパートが1番好きです。

モモ:今回のポイントダンスは、カクテルの種類を並べるパートで、そのカクテルの名前に合わせて振り付けを作った部分だと思います。そしてサビの始まりに、少し酔ったようにゆらゆらと踊るダンスもポイントダンスだと言えると思います。

ジヒョ:カクテルの種類を並べる歌詞があるんですけど、そのパートのダンスが記憶に残りますし、また多くの方々が真似してみたいと思うダンスではないかと思います!

――今回のアルバムで、タイトル曲を除いて最もおすすめしたい収録曲とその理由は何ですか? パク・ジニョンさんをはじめ、グローバルガールズグループリトル・ミックスのメンバーであるジェイド・サールウォールさん、DEUX(デュース)出身の歌手イ・ヒョンドさんなど、韓国国内外の有名作家陣が参加しましたが、最も記憶に残っている作業は何ですか?

ジヒョ:「Baby Blue Love」です! 私は夏が大好きですが、済州島にミュージックビデオの撮影に行った時、この曲ばかり聴いていました。夏にぴったりの楽しい楽曲です。

ダヒョン:私が単独で作詞した収録曲の2曲のうちの1つである「SOS」に愛情が深く、おすすめしたいです。メンバーたちが曲のおぼろげな雰囲気を表現するのが難しいと言いながらもみんな上手に表現してくれて、作詞家として本当に嬉しかったです。

ツウィ:「First Time」です! メンバー全員が好きな楽曲でもありますし、ジヒョ姉さんがメンバーたちのパートを分けてくれたのですが、それぞれ担当したパートがお互いに本当にぴったりだと思います。

――着実に楽曲制作に参加して音楽的な力量を誇っています。どこでインスピレーションを得ているのですか?

ナヨン:楽曲のテーマが決まっていない時は、自由にあちこちからインスピレーションを受けています。「Baby Blue Love」はテーマが決まっていて、他の楽曲を作詞する時よりもっと時間がかかりました。私がベビーブルー色が好きなので、色そのものからインスピレーションをたくさん受けましたし、サビに「Baby Blue」という歌詞を使いたいと思っていましたが、考えていた通りになって嬉しいです。

サナ:普段からドラマをたくさん見る方ですが、ドラマのシーンから知らないうちにインスピレーションをたくさん受けていたようです。「Conversation」の作詞を始めた時に真っ先に思い出したのが、「知らない2人がパーティーに行くと同時に、お互いに強烈に惹かれる」イメージだったんです。そのようなシーンは、やはりドラマからインスピレーションを受けたんじゃないかと思います。

ジヒョ:具体的なシーンをイメージしながらインスピレーションを得て作詞する方です。例えば、6thミニアルバムの収録曲である「Sunset」を制作する時は、日が沈む海辺を想像しながら作詞しました。今回の曲のタイトルが「First Time」なので、「初恋の感じはどんなものだろうか? こうだろう!」とイメージしながら歌詞を書きました。

ダヒョン:「ダヒョンの新しい姿をお見せしたい」と思って、そこからインスピレーションをたくさん得ました。今回私が作詞した「Scandal」と「SOS」の2曲共に、今までの私のイメージとは違う、成熟していながらもおぼろげな雰囲気がある曲です。今までお見せしたのとは違う魅力の“ダヒョンの意外な姿”というキーワードから出発しました。

――ONCE(TWICEのファン)たちに教えたいアルバム制作のTMI(Too Much Information)はありますか?

サナ:ベージュカラーの髪で活動することになりました!(ファンたちは、赤い髪が好きだったのですが……)

ダヒョン:果たして1曲だけでも作詞ができるのだろうかと心配したんですけど、思ったより早く2曲の歌詞を完成しました!

ツウィ:「First Time」の歌詞のパートをジヒョ姉さんが決めました。そのおかげか、メンバーたちの魅力をもっとしっかりと生かせたと思います。

――今回のアルバムは、恋に落ちたTWICEの特別な夏を満喫できるアルバムです。TWICEにとって夏はどんなイメージですか? 特に忘れられない、長く大切にしておきたい特別な瞬間はありますか?

ジョンヨン:TWICEにとって夏は、楽しい楽曲で多くの方々にエネルギーを与えられる季節です。夏になる度に新しいサマーソングを披露しましたが、アルバムを準備しながらメンバーたちと夏に一緒に過ごしたすべての記憶が、長く大切にしまっておきたい特別な瞬間です。

モモ:TWICEにとって夏は思い出が多い季節です。夏にはずっと仕事をしていましたから! その中でもハワイに行った時が忘れられません。撮影のために行きましたが、暇さえあればメンバーたちと一緒に歩きながら見物もして楽しい記憶でいっぱいです。

ジヒョ:TWICEにとって、そして特に私にとって夏はとても楽しい季節です。私は夏が大好きです! 特に今回のミュージックビデオを済州道で撮影したんですけど、メンバーたちと一緒に済州島の夏の雰囲気を満喫した瞬間が忘れられません。

――いつのまにか春が終わって夏が近づいてきました。夏とぴったりの楽曲で埋め尽くされた今回のアルバムを200%楽しむコツを紹介してください。

ジヒョ:晴れた日、窓を開けてドライブをしながらTWICEの新曲を鑑賞すれば、凉しい気分が倍になるんじゃないでしょうか? 暖かい空気に涼しい風を感じながら爽やかなTWICEの楽曲を聴いてみることをお勧めします。想像するだけでも涼しくなりますね!

ダヒョン:今回のアルバムには「Alcohol-Free」のように爽やかな楽曲もあるんですけど、穏やかな雰囲気の楽曲もあるので、梅雨の季節に聴いても感受性が豊かになると思います。雨がたくさん降る日、部屋の中で窓を叩く雨の音と共にTWICEのニューアルバムの収録曲を聴いてみてください!

サナ:今回の新曲は、夏にぴったりのラブソングです。真夏の夜に好きな人と一緒に足並みを揃えて散歩しながら聴くと、ドキドキするんじゃないでしょうか? 歩きながら川や海が見えるベンチに座って、冷たい飲み物を飲みながら聴くと、愛の味が何なのか、感じていただけると思います。

―― 最近17本目のミュージックビデオが再生回数1億回を突破して、全世界のガールズグループの中で再生回数1億回のミュージックビデオを最も多く保有したグループになりました。大記録を収めることができた理由と秘訣を聞かせてください。

ジョンヨン:TWICEの音楽を愛してくださる多くの方々のおかげですが、メンバーたちとの絆も大きな役割をしたと思います。スケジュールをこなしていると大変な時もありますが、その度に隣にいるメンバーたちが本当に大きな力になります。今はお互いに言わなくても通じるほど、固い絆があります。

サナ:いつもさまざまな見どころや新しいパフォーマンスがあるからです! TWICEというグループ名の意味が、「目(パフォーマンス)で一度、耳(音楽)でもう一度感動を与える」ですけど、ミュージックビデオにはこの2つがよく反映されていて、今のような記録を収められたんじゃないかと思います。

ダヒョン:成長し続けるTWICEの姿をお見せするため、メンバーたちはもちろんスタッフの皆さんも一緒に努力してくださったからこそ可能だったと思います。そして何より新しい音楽が発売される度に愛してくださり、応援してくださるファンの皆さんのおかげで良い成果を収めることができました。

――ファンに直接会えない状況で、とても残念かと思います。いつも大きな応援と愛を送ってくれるONCEに一言ずつお願いします。

ナヨン:ファンの皆さんと直接会えなくなってから長いですが、少しずつ状況が良くなることを期待しながら、会える日が徐々に近づいていると思っています。ONCEたちに会えると思いながら、もっと一生懸命に練習してニューアルバムを準備しているので、ファンの方々もあまり落ち込んだり悲しまないでほしいです。すぐに会えることを願っています。

ジョンヨン:大変な時期であるだけに、健康が第一ですので、皆さん健康に注意して、早いうちにもっと素敵な姿で会いたいです。

モモ:まだONCEの皆さんに会えなくてとても残念ですが、「Alcohol-Free」と共に今回の夏を少しでも楽しく過ごしてほしいです。

サナ:ONCE! 体は離れていても、今年の夏も私たちと一緒に同じ気持ちで熱く過ごしましょう! 「Alcohol-Free」に酔う準備はできていますよね?

ジヒョ:会えなくなって本当に久しいですが、ONCEの皆さんがTWICEに会いたがっているのと同じくらい私たちも本当に会いたいし、会って一緒にステージを楽しみたいです。皆さん健康に注意してください!

ミナ:まだまだ大変な状況ですが、私たちの音楽を聴きながら少しでも力を得てほしいです。そしてONCEの皆さんがいつも健康であってほしいです!

ダヒョン:今回の活動期間中もTWICEと一緒に涼しくエネルギー溢れる夏になることを願いながら、いつもお元気で! ONCE! 早く会いたいです!

チェヨン:会えなくなってから本当に長いですが、それにもかかわらずいつも応援して愛してくださってありがとうと、必ず伝えたいです。直接会えなくてもファンの皆さんが応援しているのは、どこにいても感じることができるんです。今回のアルバムも一生懸命に準備しただけに、たくさん応援してほしいです。皆さん健康に気をつけて、元気を出してください。

ツウィ:直接ONCEの皆さんに会えなくて毎日が残念ですが、オンラインでだけでも会うことができて良かったと思っています。そして、カムバックすればどんな形にでも皆さんに会うことができるので、私たちは本当に幸せです。お互いの顔を見ながら会うことはできなくても、いつもONCEの皆さんの応援や愛を思いながら頑張っています。いつもありがとうございます!

記者 : ファン・ヘジン