ファン・ジョンミン主演、映画「人質」予告ポスターを公開…今夏の公開を確定

TVREPORT |

写真=外柔内剛
新鮮な衝撃を与えるリアリティアクションスリラー映画「人質」が夏の公開を確定し、予告ポスターを公開した。

観客の集中度、緊張感をピークに導く映画「人質」が、大胆な予告ポスターを公開した。

映画「人質」はある日の未明、証拠も目撃者も残さず拉致されたファン・ジョンミンの姿を描くリアリティアクションスリラー映画だ。

昨夏、435万人の観客を動員した「ただ悪から救ってください」や「哭声/コクソン」「華麗なるリベンジ」「国際市場で逢いましょう」など、数多くのヒット作の中心で劇を率い、実力が認められた俳優であるファン・ジョンミン。彼が「人質」を通じて自分自身を演じることで改めて代表作を誕生させる予定だ。

今夏の公開確定とともに公開されたポスターは、ファン・ジョンミンが拉致犯のアジトで縛れている衝撃のショットで注目を集めた。ロープとガムテープで縛られ、頭を下げているファン・ジョンミンの後ろ姿だけで強烈なオーラが感じられる。

また、「ファン・ジョンミン」というシンプルなキャッチコピーは、人質になった人物がファン・ジョンミンであることを知らせ、リアリティを届ける映画のコンセプトと相まってより関心を集めた。名実ともに韓国を代表する俳優であるファン・ジョンミンがある日突然人質になり、命をかけた脱出を試みるまで、映画はすべてのシーンでスリル満点の緊張感、アクションを届け、観客の集中度を高めるとともにリアリティアクションスリラーの醍醐味を感じさせる予定だ。

「人質」は、「ベテラン」「EXIT」など、毎年夏を代表する最高の作品を誕生させ、観客の反響を得た映画制作会社外柔内剛が「生き残るための3つの取引」「ベテラン」に続きファン・ジョンミンと再びタッグを組んで制作制作した作品であり、新型コロナウイルスで冷え込んだ映画シーンに活気を吹き込むと見られる。

映画制作会社外柔内剛のノウハウ、新人監督ピル・ガムソンの覇気が出会って、俳優ファン・ジョンミンがソウルのど真ん中で人質として拉致された前代未聞の事態をどのように描くのか、早くから映画ファンの関心が集まっている。

記者 : キム・ミョンシン