「マウス」パク・ジュヒョン、放送終了の感想を語る“高校時代の経験を中心にキャラクターを作っていった”

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=935エンターテインメント
Netflixドラマ「人間レッスン」を通じて“怪物新人”という賛辞を受けた女優のパク・ジュヒョンが、ケーブルチャンネルtvN水木ドラマ「マウス」を通じて、もう一度演技力を証明した。

パク・ジュヒョンは最近「マウス」の放送終了を控えてビデオインタビューを行い、ドラマに関する多彩なストーリーを聞かせてくれた。

パク・ジュヒョンは、今回の作品でオ・ボンイ役を演じた。ボンイは子供時代、祖母の使いで出かけたが性的暴行を受け、唯一ひとりしかいない家族だった祖母さえ、残酷に殺害されてしまう。耐えられない傷を抱いて生きるが、外見では堂々とした一面もある、感情変化が激しい人物だった。

28歳(韓国での年齢)に高校生役を演じなければならなかった彼女は、「未成年者のキャラクターを演じるという事実に、プレッシャーを感じました。私が高校生時代に経験した感情的な部分を中心に、キャラクターに近づいていった感覚です」とし「ボンイは私が想像さえできない事件を経験している人物だったので、勝手に定義付けずに、少しずつ繊細にキャラクターを構築していきました」と説明した。

「マウス」は人間ハンター追跡劇を目指しただけに、怖くて残酷なシーンが多かった。それにも関わらず撮影現場の雰囲気は、いつも明るかったという。彼女は「それぞれのキャラクターが、深刻なエピソードを持っていて皆重い雰囲気でしたが、先輩たちが私たちを配慮してくださいました。特にヒジュン先輩がムードメーカーで、撮影現場の雰囲気はいつも和気あいあいとしていて楽しかったです。スンギ兄さんも優しくしてくださりました」と述べた。

「マウス」はプレデターの正体に関する輪郭が後半部に現れたが、パク・ジュヒョンは「イ・スンギ兄さんが真犯人だという事実を知って演技しました。彼の正体を知らなかったら、もっと演技するのが楽だっただろうと思います」とし「私の場合は、イ・スンギ兄さんが私の前でプレデターのビハインドを演技しなければならなかったので、台本を事前に読み、知っていました。途中で知った俳優さんもいました」とビハインドストーリーを伝えた。

続けて、彼女は「作品中のキャラクターを1人1人会う時にエネルギーが必要でしたが、力が沸き上がってきた。そのようなトキメキがとても多かったですし、このキャラクターに会って、演技する瞬間が楽しみでした」と告白した。

オ・ボンイをより繊細に表現できたのには、チェ・ジュンベ監督との意思疎通も大きな力となったという。「監督が、私にいつもボンイの状態や心境などを聞いてくださるんです。繊細な作業でした。私も撮影するシーンのため、万全の準備をしますが、監督との会話を通じて、気づくことも多かったです。ケミ(ケミストリー、相手との相性)がよく、監督に会うと長く会話してしまうほどでした」と明かした。

続けて、「監督が私に『勝手に演じろ』と言ってくださったんです。監督から『あなたは勝手に演技する時に輝くね』と言われました。ですから、私はセリフを言う最後の瞬間まで、セリフ一つ一つを大切にできる俳優になろうと思うようになりました」と伝えた。

パク・ジュヒョンはとても明るく、自らも自由奔放で即興的なことが好きだと言うが、演技に関して話す時には真剣になる。「次期作は私にできることがあって、もっと成長できる台本に出会いたくて、真剣に検討しています。いつまでも“怪物新人”のままではいられませんから、俳優として皆さんに信頼してもらえる、いつまでも成長していく俳優になりたいです」と語った。

記者 : パク・ユンジン