Pink Fantasy、6月21日にニューアルバムでカムバック決定…タイトル曲「Poison」MV予告映像を公開

MYDAILY |

写真=MyDollエンターテインメント
ガールズグループPink Fantasyがカムバックする。

彼女たちは今月21日午後6時、EPアルバム「Alice in Wonderland」でカムバックする。童話のようなビジュアルコンセプトと独特の世界観で、北米と南米のK-POPファンから注目を集めている。

特に、明るい&ダークなコンセプトを行き来しながら両面性を持った「残酷童話」を連想させる世界観でグローバルファンを魅了させたメンバーたちは、今回のアルバムを通じてより強烈で破格的な世界観を予告し、ニューアルバムへの期待を高めている。

カムバックを控えて6日、公式YouTubeチャンネルを通じてタイトル曲「Poison」のミュージックビデオ予告映像を公開された。映像にはオルゴールの音と共に、ウサギの仮面をかぶっている人物が不気味な微笑みを見せており、緊張感を与える。

また、同日にSNSを通じてカムバックスケジューラが公開された。カムバックスケジューラによると、コンセプトフォト、イメージ予告映像が順次公開される予定だ。続いて、ミュージックビデオの予告映像、スペシャル予告映像などの多彩なコンテンツを予告し、ファンの好奇心をくすぐった。

Pink Fantasyは2018年、不思議の国のアリスの初シリーズであるシングル「イリワ」でデビューし、「Fantasy」「Shadow Play」などを通じて充実した世界観を構築してきた。また、カル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス)と激しいパフォーマンスにも完璧な歌唱力で、完成度の高いステージを披露している。

また、メンバーのデワンはデビュー以来、顔を公開せず活動しており、神秘的な魅力でファンからの注目を集めている。

記者 : イ・スンロク