チョン・ジヒョン&パク・ピョンウン出演、Netflix「キングダム:アシン伝」7月23日に配信決定…予告編を解禁

OSEN |

写真=Netflix
Netflixが「キングダム」シリーズの世界観を拡張するスペシャルエピソード「キングダム:アシン伝」の公開日を7月23日に決定した。

朝鮮を襲った疫病の起源がいよいよ明らかになる。K-コンテンツのリーダー格「キングダム」シリーズのスペシャルエピソード「キングダム:アシン伝」が7月23日に解禁となる。同作品は、朝鮮を覆う巨大な悲劇の始まりである生死草とアレンの物語を収めた「キングダム」シリーズのスペシャルエピソードだ。

公開された映像は、不気味な闇の中、松明を持って深い洞窟に入った幼いアシンが岩に書かれている謎の標識を発見することから始まる。続いて、謎の花生死草と共に「死んだ者を生き返らせる草、代価が伴うだろう」というフレーズが、疫病の起源についた端緒を提供する。北方で育っていた生死草がどのようにして朝鮮を飲み込むようになったのか、疫病の始まりがついにベールを脱ぐ。

「キングダム:アシン伝」は「キングダム」シーズン1の演出とシーズン2の第1話の演出と制作・監修を務めたキム・ソンフン監督が演出を務め、シーズン1、2を執筆した脚本家のキン・ウニが脚本に参加して、もう一度始まる巨大なストーリーの序幕を知らせる。映画「白頭山」「虐待の証明」など、毎回の作品で成熟した演技で感嘆を誘うキム・シアが幼いアシン役、「キングダム」シーズン2のエンディングを強烈に飾って好奇心を掻き立てたチョン・ジヒョンが成人アシン役を務めて、楽しみにしてきた視聴者たちの渇きを解消する予定だ。

また、皇太子イ・チャンを助けて生死疫(死んでも生きてもいないゾンビのこと)の怪物たちで覆われた宮殿を守っていた御営大将ミン・チロク役のパク・ビョンウンが再び戻ってきて、拡張したストーリーに連続性を付与する。死んだ王を復活させ、朝鮮を恐怖に陥れた疫病の起源と新たに登場したミステリアスな人物アシンの隠された物語は、「キングダム:アシン伝」で確認することができる。

記者 : ソン・ミギョン