SEVENTEEN ウォヌ&ミンギュ、ユニット曲「Bittersweet」をリリース“たくさんの愛を表現する一年になると思います”

Newsen |

写真=Pledisエンターテインメント
SEVENTEENのウォヌ&ミンギュの「Bittersweet(Feat.イ・ハイ)」がベールを脱いだ。

ウォヌとミンギュは28日の午後6時、デジタルシングル「Bittersweet (Feat. イ・ハイ)」の音源とミュージックビデオを公開し、SEVENTEENが2021年に披露する「Power of 'Love'」プロジェクトの始まりを告げた。

「Bittersweet (Feat.イ・ハイ)」は、長い間友達として過ごしてきた3人の男女の間にある瞬間から微妙な感情が交差し、愛の甘さと友情の苦さという相反した感情を表現した楽曲だ。ウォヌとミンギュが作詞に参加し“愛と友情の間”のジレンマを描いた。二人の歌声にユニークな声色を持つアーティスト、イ・ハイがフィーチャリング参加し、成熟した魅力を披露している。

また映画「ジョゼ」「ペルソナ」「誰もいない所」のキム・ジョングァン監督がミュージックビデオのメガホンを取り、愛と友情の間で悩み、葛藤する若者たちのストーリーを通じてウォヌ、ミンギュの魅力を描いた。

特にSEVENTEENのヒップホップチームでラップを担当しているウォヌとミンギュが今回の楽曲で音楽の成長と挑戦を試み、優れた音色としっかりしたボーカルの実力で世界中のリスナーにどんでん返しの魅力を披露し、皆の心を掴むと期待される新曲に関心が高まっている。

――SEVENTEENの2021プロジェクト「Power of‘Love'」の幕を開けることになりましたが、感想はいかがですか?

ウォヌ:SEVENTEENの2021プロジェクトのスタートを切ることになり嬉しいですし、責任を感じています。これからSEVENTEENがお見せする姿を、ウォヌとミンギュを通じてより理解し、見ていただければうれしいです。

ミンギュ:プロジェクトのスタートを知らせることになりワクワクしていましたし、これからもSEVENTEENの音楽に共感していただければうれしいです。

――予告イメージがまるで映画やドラマのポスターのようで話題となりました。より一層成熟した雰囲気が感じられましたが、デジタルシングル「Bittersweet」を準備する過程で一番気を使った部分は何ですか?

ウォヌ:歌詞によってSEVENTEENが伝えようとする2021プロジェクトからはずれないように努力しました。ミュージックビデオはキム・ジョングァン監督と一緒に撮影しましたが、映画を撮っていると思って撮影に臨みました。

ミンギュ:ウォヌとミンギュの雰囲気を最大限に生かすために努力しました。「最も合うものは何だろう?」とかなり悩んだと思います。

――デジタルシングル「Bittersweet」を準備する過程で記憶に残っているエピソードは何ですか?

ウォヌ:制作の序盤に初めてテレビ電話のアプリを通じて作業を始めましたが、それが他のアルバムを作る時とは違う経験でした。

ミンギュ:「愛はなんで愛になったんだろう」という歌詞を書いて、たくさんのことを考えました。ずっと考えさせられる歌詞で、その答えが思い浮かぶ度に少しずつ違ってきました。

――SEVENTEENのヒップホップチームであるウォヌ&ミンギュのユニットでリスナーから反響を呼んでいます。デジタルシングル「Bittersweet」を通じてどんな魅力を見せようと思っていますか?

ウォヌ:「Bittersweet」のイメージとよく合う声のメンバーを選んだので、より成熟した魅力が収められていますし、SEVENTEENがお見せしてきた魅力とは異なる魅力をお見せします。

ミンギュ:「Bittersweet」の魅力を直接聴いて、感じていただきたいです。恥ずかしいです。ハハ。

――お互いの魅力と、ウォヌ&ミンギュだけの魅力は何でしょうか?

ウォヌ:ミンギュは多芸多才でさまざまな分野で本当に素晴らしい姿を見せています。僕とミンギュが一緒にいる時、見た目は落ち着いて成熟した魅力が見えるようです。実際は、この2人が言葉遊びを一番たくさんするメンバーです。

ミンギュ:これまでお見せした姿よりはより真摯で成熟した姿が魅力ポイントではないかと思っています。

――デジタルシングル「Bittersweet」で逃してはならない鑑賞ポイントがあるとしたら何でしょうか?

ウォヌ:僕たちのボーカルも楽しみにしていただきたいです。また、この歌のサビの部分を作りながらイ・ハイ先輩が浮かんでお願いしてみましたが、快く応じてくださいました。先輩のボーカルと曲がとても合っていました。その部分もよく聴いていただきたいです。

ミンギュ:イ・ハイ先輩がフィーチャリングしてくださったのでその部分が一番大きなポイントだと思いますし、ミンギュとウォヌの新しいボーカルの魅力が鑑賞ポイントだと思います。

――デジタルシングル「Bittersweet」を一言で表現してください。

ウォヌ:苦いけれど甘い瞬間。青春だと思います。

ミンギュ:アメリカーノチョコレート。

――2021年にも多様な活動を予告していますが、これからはどんな活動を見せてくれる予定ですか?

ウォヌ:まずSEVENTEENとしてたくさんの愛を表現する一年になると思います。様々なコンテンツと音楽でこれからもSEVENTEENの限りない姿をお見せする予定です。

ミンギュ:プロジェクト名である「Power of‘Love'」という言葉のように「愛の力」をお見せします。楽しみにしていてください!

――最後に全世界のファンの皆様に一言お願いします。

ウォヌ:いつもSEVENTEENを応援してくださってありがとうございます。僕たちSEVENTEENも皆様の日常を歌う歌手になるため努力します。

ミンギュ:全世界のCARATの皆様の愛情に感謝申し上げます。その大きな愛にお応えできるようベストを尽くして僕の愛をお見せします!

記者 : イ・ミンジ