ユ・ウンソン、同性愛への差別的発言からドラマのネタバレまで…SNSでの軽率な発言に批判殺到

MYDAILY |

写真=キム・ジョンファ Instagram
CCM(Contemporary Christian Music)作曲家で伝道師のユ・ウンソンの軽率な発言に批判が殺到している。この軽率な発言で、妻であるキム・ジョンファの芸能活動に多大な迷惑をかけている状況だ。

最近、ユ・ウンソンのInstagramアカウントに、とあるネットユーザーから「こんにちは。私は一時期、ユ・ウンソンさんの賛美で多くの恩恵を受けました。数日前にドラマ『Mine』を見ましたが、奥様が同性愛者と思われる役で出演されており、私は少し残念に思いました。形式的なものでしょうか? それとも同性愛を理解しようとする意味で、その役を務められたのでしょうか? ユ・ウンソンさんのご意見が気になります」というコメントがつけられた。

これに対するユ・ウンソンの書き込みが議論を巻き起こしたのだ。彼はケーブルチャンネルtvN土日ドラマ「Mine」のネタバレはもちろん、性的マイノリティへの差別的な発言をしたことがあった。該当作品でキム・ジョンファは、チョン・ソヒョン(キム・ソヒョン)の過去の恋人役として登場している。

ユ・ウンソンは「はい。最後までドラマをご覧になればお分かりになると思います。私がドラマの内容をネタバレすることができず、これ以上お話しすることはできませんが、その状況に苦悩を抱えて、最終的には正常な状態に戻ることになります。同性愛ではありません」と答えた。

また彼は「妻もあの役についてとても悩んでいました。関心を持っていただいてありがとうございます。制作陣が同性愛としてノイズマーケティングしているようです。私たち夫婦は同性愛に反対します」と発言した。

ユ・ウンソンの配慮ない軽率な発言による影響は、キム・ジョンファと「Mine」の制作陣がそのまま抱え込むことになった。視聴率8%台まで上昇し、大人気を博しているドラマに、ユ・ウンソンが決定的なネタバレをしたのだ。それだけでなく、キム・ジョンファの所属事務所S.A.L.Tエンターテインメントは昨日(25日)、「ご心配をおかけして申し訳ない」とユ・ウンソンの代わりに謝罪した。

議論の当事者であるユ・ウンソンはSNSアカウントを非公開に変え、いかなる立場も明かさず沈黙を維持している状態だ。

記者 : キム・ナラ