「Mine」イ・ボヨン、消えた養子チョン・ヒョンジュンを探し回る“手を出したら許さない”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「Mine」放送画面キャプチャー
イ・ボヨンが養子のチョン・ヒョンジュンを見つけ出した。

23日に韓国で放送されたtvN土日ドラマ「Mine」第6話で、ソ・ヒス(イ・ボヨン)は消えた養子のハン・ハジュン(チョン・ヒョンジュン)を見つけた。

ヒスはハジュンが自身の実の息子ではないという記事が出た後、彼が消えると驚き、妊娠初期であるにもかかわらず雨の中を車で探し回った。

ハン・ジヨン(イ・ヒョヌク)は妻のヒスが妊娠したことを知って引き止めたが、彼女は聞かなかった。

一方、買い物をしていたカン・ジャギョン(オク・ジャギョン)は、遅れて息子のハジュンが消えたことを知った。ジャギョンはハジュンの携帯電話の電波が途切れた場所を調べ、ヒスは直感でハジュンが好きな歌手のコンサートに行ったことに気づいた。

そして、ヒスがジャギョンより早くハジュンを見つけた。帰宅したジヨンがハジュンに「親に黙ってコンサートに行くなんて……」と怒りながら殴ろうとすると、ヒスはその間に立ちはだかった。

ヒスは「どうして子供をむやみに殴るの? あなたの気持ちだけが大事なの? ハジュンの気持ちは? 私の息子に手を出したら、それが誰だって許さない。それがあなたでも」と言い、ハジュンと一緒に眠った。ジャギョンはその様子を見て複雑な感情を抱いた。

記者 : ユ・ギョンサン