Highlight ユン・ドゥジュン、ZE:Aのメンバー候補だった?驚きのエピソードを告白「名刺を渡され…」

Newsen |

写真=KBS 2TV「カムバックホーム」画面キャプチャー
Highlightのユン・ドゥジュンがZE:Aとしてデビューしたかもしれなかったことを告白した。

22日に韓国で放送されたKBS 2TV「カムバックホーム」には、Highlightのユン・ドゥジュン、ソン・ドンウン、ZE:Aのグァンヒが出演した。

この日、ユ・ジェソクはネット上で話題となった「後遺症」について話した。グァンヒは「いつも(チャート)逆走、逆走と言うが、ほら今喜ばないだろう。私たちがアルバムを出したらまた失敗する。私たちが騙されると思うな」と叫び、爆笑を誘った。

ユン・ドゥジュンはZE:Aのメンバーになれたかもしれない状況があったと告白した。彼は「ある歌謡祭に参加して、その時にスター帝国の室長から名刺を渡され事務所に来てほしいと言われた。その時にZE:Aのメンバーを準備していた」と話した。

ユ・ジェソクは「もしユン・ドゥジュンが入っていたらグァンヒはグループから外されていたと思う」と冗談を言った。グァンヒは「メンバーは定員が9人で、僕が最後だった。君が一人を救った」とユン・ドゥジュンに感謝した。

記者 : イ・ハナ