GFRIEND、本日(5/22)でグループ活動終了へ…メンバーたちの新たな出発に期待

OSEN |

写真=OSEN DB
GFRIENDが本日(22日)をもって公式的な活動を終了する。メンバー全員が所属事務所との専属契約が終了し、それぞれの道で新しいスタートを歩んでいく。

所属事務所のSource Musicは18日、「所属アーティストであるGFRIENDとの専属契約が、5月22日をもって終了することとなった。GFRIENDと弊社は長い悩みと議論の末、それぞれの道でより良い姿をお見せすることに合意した」と明かした。これにより、メンバー全員と再契約をせずに、それぞれの道へ進むことになったのだ。

さらに「GFRIENDはここ6年間、多様なコンセプトやパフォーマンス、音楽で、ガールズグループの新しい世代を切り開き、K-POPファンに大きく愛された。これまでSource Musicと共に歩んでくれたGFRIENDに心より感謝したい。多様な分野で活発な活動をスタートするメンバーたちに、変わらない愛情と応援を送ってくださるようお願いしたい」とコメントした。

この突然ニュースにファンから驚きの声が寄せられた。GFRIENDはデビュー以降、“パワフルで清楚”なガールズグループとして揺るぎない地位を築き、人気を得てきた。

さらにメンバーたちは直筆の手紙でファンに感謝の気持ちを伝えた。まず、ソウォンは「皆さんのおかげで私がもう一歩成長できるチャンスになった。皆さんと共に過ごしてきた時間が1日1日大切で、ありがたい時間だった」とし「私たちはこれが最後ではないため、あまり悲しまないで」とファンの心を慰めた。

ウナは「未熟な私にいつも愛情を注いでくれ、いつも信じてくれたから、より素敵な人になりたかった。私にはいつも美しくて幸せな6年だった。GFRIENDにとって心強いBUDDY(GFRIENDのファン)になってくれて本当に感謝している。どこで、どんな姿であれ、私はこれからも歌を歌えるよう頑張りたい。皆さんとの愛情に満ちた思い出に報いるために最善を尽くしたい」とファンに気持ちを伝えた。

またシンビは「GFRIENDのシンビとして活動してきた6年間、私たちにとって心強い支えや原動力になってくれた皆さんのおかげで、私にはもったいないと感じられるほど、多くの愛情や応援を頂いて本当に幸せだった。良い曲でステージに立てたことに心より感謝している。6年間の思い出はかけがえのない一番幸せな時間だった」と、活動を振り返った。

続いてイェリンは「二度と戻れない時間が、私にとってこれからも忘れられないことは確実だ。何があっても愛情で癒やしてくれて感謝している。BUDDYたちがいるからこそ疲れないで、ここまで来ることができたと思う。今後もこの時間を忘れずに努力して生きていきたい」と伝えた。

オムジは「私たちの幸せを祈るために、また応援してくれるために、辛い気持ちを抑えようとするBUDDYたちを思うと、とても胸が痛いし、その気持ちをどれだけ理解し、想像しようとしても、完全に同じ気持ちを感じることができないと思い、申し訳ない気持ちがあまりにも大きい。心の準備をできていないさよならに胸を痛めるBUDDYの心を、一つ一つギュッと抱きしめてあげたいという、私の願いが少しでも届いてほしい」と心境を明かした。

最後にユジュは「たくさん驚かせてしまったことが心配で、気持ちが重い。私がGFRIENDとして過ごしたすべての時間は皆さんのおかげで毎日がとても大切だったし、私もそんな毎日をプレゼントしたい気持ちで、自分を磨いて6年という時間を大切に過ごしてきた。その過程で共に泣いて笑ってくれた皆さんに、もう一度心より感謝したい」と、ファンに感謝の気持を伝えた。

メンバー全員が新しいスタートを決めただけに、今後始まる彼女たちの人生第2幕が期待されている。

・GFRIEND、契約終了に事務所が再びコメント…今後のコンテンツ運営について発表「SNSアカウントは全て維持」

・GFRIEND、直筆手紙でグループ活動終了の心境を明かす“突然お伝えすることになって心が重い”

記者 : ソン・ミギョン