GFRIEND、メンバー全員の専属契約が終了へ「新しい道を応援」(公式)

Newsen |

写真=Source Music
GFRIENDが、所属事務所のSource Musicと決別することとなった。

Source Musicは5月18日、公式報道資料を通じて「所属アーティストであるGFRIENDとの専属契約が5月22日をもって終了することとなった。GFRIENDと弊社は、長い悩みと議論の末、それぞれの道でより良い姿をお見せすることに合意した」と述べた。

続いて「GFRIENDは6年間、様々なコンセプトとパフォーマンス、音楽でガールズグループの新しい世代を開き、K-POPファンに愛されてきた。短くない時間の間、Source Musicと共にしたGFRIENDに心から感謝の挨拶を申し上げる」とつけ加えた。

GFRIENDは、2015年に1stミニアルバム「Season Of Glass」でデビューした。

・BTS(防弾少年団)からSEVENTEENまで…Big Hitのアーティストがキャンペーンフィルムを公開「自分が信じているものとは?」

・GFRIEND、ゲームをテーマにした新リアリティ番組を本日公開!2チームに分かれて対決

【Source Musicの公式コメント全文】

こんにちは、Source Musicです。

弊社所属アーティストであるGFRIENDとの専属契約は、5月22日をもって終了することとなりました。

GFRIENDと弊社は、長い悩みと議論の末、それぞれの道で、より良い姿をお見せすることに合意しました。

GFRIENDは過去6年間、様々なコンセプトとパフォーマンス、音楽でガールズグループの新しい世代を開き、K-POPファンに愛されてきました。

短くない時間の間、Source Musicと共にしてくれたGFRIENDに心から感謝の挨拶を申し上げます。

これまでGFRIENDを愛してくださったBUDDY(ファン)をはじめ、すべてのファンの方々に深く感謝を申し上げます。また、様々な分野で活発な活動を始めるメンバーたちに、変わらぬ愛と応援をお送りくださいますよう、お願い申し上げます。

私たちSource Musicも、より良い明日に向けて新しい一歩を踏み出すメンバーを応援します。

ありがとうございます。

記者 : ファン・ヘジン