コン・ヒョジン、女優業について語る「今まで演じてきたキャラクターの中で一番友達になりたいのは…」

MYDAILY |

写真=「Harper's BAZAAR」
女優のコン・ヒョジンが、ファッションマガジン「Harper's BAZAAR」6月号の表紙を飾った。

彼女の優雅でアクティブな姿は、初夏の眩しい日差しと完璧に調和している。彼女は、同ブランドの代表的なコレクションを着用して、ファッショナブルで個性溢れるスタイリングを披露。グラビア撮影後に行われたインタビューでは、女優として活動し、見せてきた“コン・ヒョジンらしさ”に対して率直に語った。

役者という仕事や環境、ファッショニスタとしての影響力に対する質問を受けた彼女は「好き嫌いがはっきりしているけれど、簡単に挫けたりもします。変わることもありますが、好きなことには長く興味を持つタイプです。良いものは積極的に勧めて、それが良い理由をうまく説明できます。好きなことを長く好きでいるから、『本当に好きなんだな』と思ってもらえると思います」と答え、誰かに新しい影響を与えるのは嬉しいことだと明かした。

これまで演じてきたキャラクターの中で、一番友達になりたいキャラクターを尋ねられた質問には「『椿の花咲く頃』のドンベクは、子どももヨンシクさんもいて、お店の仕事もあるから忙しいと思います。『パスタ~恋が出来るまで~』のソ・ユギョンなら一番いい友達になれそうです」と答えつつ、彼女本人と友達になりたいという面白い答えも出した。「私は友達についてたくさん考えています。いつも恋しく思いますし、よく愛情表現をする方です。人と一緒にいるのが好きで、運転もうまいので(友達を)よく迎えに行きますし、プレゼントもします」と語った。

「とても大きなパズルをプレゼントしてもらって『こんなの、誰がやるの?』と思っていたのに、いざやってみたら、時間を忘れるほど夢中になっていました。何でも学ぶことが好きで、クラスアプリケーションでウィービングを学びましだ。材料を送ってもらって、映像を通じて先生に教えてもらうことができます。1人の時間が苦手な方にもおすすめです」と、コロナ禍のひとり時間を過ごすコツも話した。

コン・ヒョジンのグラビアと率直なインタビューは「Harper's BAZAAR」の6月号、ホームページとInstagramを通じて確認することができる。

記者 : ヤン・ユジン