イ・ジェフン&イ・ソム出演、ドラマ「模範タクシー」突然の脚本家交代を発表…意見の食い違いで

Newsen |

写真=SBS
SBS金土ドラマ「模範タクシー」の脚本家が交代となった。

「模範タクシー」の関係者は17日、Newsenに「第1話から台本を執筆した脚本家オ・サンホは第10話まで共にし、第11話からは脚本家イ・ジヒョンに交代した」と伝えた。

続けて「脚本家と演出の間で作品の方向性について意見の食い違いがあり、相互合意のもとにオ・サンホが降板し、新しい脚本家のイ・ジヒョンが残りの分を執筆することになった」と付け加えた。

「模範タクシー」はタクシー会社のムジゲ運輸とタクシー運転手のキム・ドギ(イ・ジェフン)が無念な被害者の代わりに復讐する“復讐代行劇”だ。視聴率10.7%(ニールセン・コリア、全国基準)で始まり、毎回二桁の視聴率を維持し、人気を博している。

脚本家を交代した後でも相変わらず高視聴率を記録している「模範タクシー」がどんな結末を迎えるのか、注目が集まっている。

・イ・ジェフン&イ・ソム出演、ドラマ「模範タクシー」7月11日よりKNTVにて日本初放送

・ピョ・イェジン、降板したApril ナウンの代役に抜擢…新ドラマ「模範タクシー」に出演決定

記者 : ハン・ジョンウォン