「ヴィンチェンツォ」2PM テギョン“初めての挑戦…悩んだ8ヶ月をずっと忘れられないと思う”

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=51K
tvN土日ドラマ「ヴィンチェンツォ」で“悪の枢軸”チャン・ジュヌ役を務めた2PMのテギョンが、放送終了を迎えて挨拶を伝えた。

最近韓国で放送終了した「ヴィンチェンツォ」(演出:キム・ヒウォン、脚本:パク・ジェボム、企画:STUDIO DRAGON、制作:ロゴスフィルム)で、チャン・ジュヌとチャン・ハンソクという2つの顔を持つ役を務めたテギョンは、劇に緊張感を与えた。

テギョンは法律事務所ウサンの末っ子弁護士のチャン・ジュヌ役として登場し、爽やかなビジュアルと隙のある魅力で視聴者の関心を集めた。そのチャン・ジュヌが実はバベルグループの本当のボス、チャン・ハンソクであったという事実が公開された後は、お金、名誉、権力をすべて手にして自分の意思通りに操ろうとするチャン・ハンソクとして狂った貪欲を思う存分見せつけ、視聴者の視線を圧倒した。アイスホッケーのスティックで人を殴って殺したり、ヴィンチェンツォの母親を死なせるなど、気に入らない人は誰でも躊躇なく排除するソシオパスの姿をインパクトある演技で表現し、衝撃を与えた。

その過程でテギョンは、繰り返し自分の道を妨害するヴィンチェンツォに対する殺気溢れる怒り、狂気に満ちた姿を変化に富んだ目つき、口調、表情で柔軟に描き、ドラマのテンションを高めた。

彼は所属事務所51Kを通じて「『ヴィンチェンツォ』を撮影した8ヶ月間、たくさん学んで先輩たちやスタッフの方々がこのドラマを作るためにいかに努力したか分かりました。忘れられない初の悪役挑戦でしたし、撮りながらとても楽しく幸せでした。『ヴィンチェンツォ』を応援してくれてありがとうございます。すぐ新しい姿でみなさんのもとを訪れます」と感謝の挨拶を伝えた。

――ドラマ「ヴィンチェンツォ」を終えた感想を聞かせてください。

テギョン:8ヶ月間、「ヴィンチェンツォ」を撮影しながらとても楽しく幸せでした。振り返ると、「ヴィンチェンツォ」を撮りながら色々思うことがありました。今回のドラマを通じてたくさん学んで、先輩たちやスタッフの方々がこのドラマを作るためにいかに努力したか分かりました。「ヴィンチェンツォ」で初めて悪役に挑戦しましたが、「チャン・ジュヌ=チャン・ハンソク」というキャラクターを演じるために悩んだ8ヶ月の時間をずっと忘れられないと思います。最後に、「ヴィンチェンツォ」を応援してくれた視聴者のみなさんに心より感謝しています。

――「ヴィンチェンツォ」の台本を初めて読んだ時、どんな印象を受けましたか? キャラクターのどの魅力に惹かれて出演を決めたか聞かせてください。

テギョン:隙だらけのインターン弁護士のチャン・ジュヌが、「ヴィンチェンツォ」の最高の悪役でどんでん返しのある黒幕キャラクターであることを知った時、とても演じてみたいと思いました。間抜けでチャヨンが大好きな末っ子弁護士のチャン・ジュヌの善良な顔の裏に悪魔のような心があり、自分の利益のためなら誰でも容赦なく利用する別の顔が共存しているというのがとても魅力的でした。「ヴィンチェンツォ」を通じてテギョンの新しい姿を視聴者のみなさんに見せられる機会になると思って出演を決めました。

――終盤で正体が明かされるキャラクターなので、演技のトーンの設定が簡単ではなかったと思います。どんでん返しの主人公という演技的な醍醐味もあったと思いますが、チャン・ジュヌ=チャン・ハンソクのキャラクターを演じながら最も気を配ったところはどこですか?

テギョン:チャン・ジュヌとチャン・ハンソクは流れが違うキャラクターですが、実は一人で、悪役のチャン・ハンソクがチャン・ジュヌを演じていると思ってキャラクターにアプローチしました。サイコパスでソシオパスのチャン・ハンソクが、劇の序盤で法律事務所の末っ子弁護士チャン・ジュヌとして隙だらけの姿を見せますが、それも人々に混ざれない違和感から来るものだとキャラクターを理解しました。チャン・ハンソクがバベルグループの会長として全面に出るようになってからは、韓国を牛耳りたい野望を持って、手段と方法を選ばず残酷なことをしますが、そんなチャン・ハンソクの姿を、望むものを手にしないと気がすまない子供がわがままを言っているように表現しようと努力しました。

――悪役を演じた感想と、今回の作品のエンディングがどのような意味で捉えたか聞かせてください。チャン・ハンソクの最後についてはどう思いますか?

テギョン:劇中でチャン・ハンソクは単純な悪党というよりは冷たくて暖かい、様々な面がある悪役なので魅力的でした。悪役は初めて挑戦しましたが、完全に僕と異なる人物を演じるというよりは、僕が持っている様々な面から一面を最大化して見せようとしました。なので、チャン・ハンソクを演じる時もできるだけ僕の中の悪い一面を引き出そうと努力しました。「ヴィンチェンツォ」のエンディングは、勧善懲悪という言葉が似合う結末だったと思います。ストーリーが進むにつれ、ハンソクの悪行が一つずつ暴かれますが、演技をしながらもハンソクの最後は果たしてどうなるだろう? 本当に徹底的に罰が当たってほしいとずっと思っていました。現実では不可能な、スカッとするエンディングだったので気に入りました。

――チャン・ジュヌ=チャン・ハンソクのキャラクターの名シーン、あるいは最も記憶に残っているシーンや台詞を挙げるとしたらどの部分ですか?

テギョン:ヴィンチェンツォがジュヌの家に来て銃で狙う第11話のエンディングシーンです。誰も自分の正体に気づくことはできないと確信していたジュヌを、すべてを知ったヴィンチェンツォが銃で狙います。このシーンで、チャヨンに会って気持ちよく帰宅したジュヌの天真爛漫な一面だけでなく、自身の敗北を直感して憤るチャン・ハンソク本来の素顔まで見せることができ、「最もジュヌらしく、またハンソクらしかったシーン」だと思っています。ヴィンチェンツォが構えた銃を手にし、「早く殺せ! このマフィア野郎!」と挑発する台詞が本当に気に入りました。

――キャラクターのケミ(ケミストリー、相手との相性)も注目を浴びました。ヴィンチェンツォ、ホン・チャヨン、チェ・ミョンヒ、ハン・スンヒョク、チャン・ハンソとの関係の変化も印象的でしたが、それぞれの役を務めたソン・ジュンギさん、チョン・ヨビンさん、キム・ヨジンさん、チョ・ハンチョルさん、クァク・ドンヨンさんとの共演はいかがでしたか?

テギョン:全員揃って「ヴィンチェンツォ」に出演した俳優はみんな最高でした。共演する度に「この人達は本当にすごい」と思いましたし、現場の雰囲気を常に明るくしてくれて、一緒に呼吸を合わせる間、本当に感謝しました。一緒にシーンについて悩んでアドリブをしたり、リハーサル中に新しいアイデアを出す時も快く受け入れてくれて、こんなに素敵な俳優たちとまた会うことができるだろうかといつも思っていましたし、とても幸せな現場でした。

――チャン・ジュヌ=チャン・ハンソクは、テギョンさんの新しい魅力と真価を見せつけたキャラクターとして刻まれると思います。テギョンさんとって「ヴィンチェンツォ」はどんなものとして残ると思いますか?

テギョン:台本の読み合わせをしたのが昨日のようなのに、最後の撮影まで終えるとやりきった感もありますが、寂しい気持ちのほうが大きいです。たくさんの方々がドラマを応援してくれただけに、素敵な作品で挨拶できてラッキーでした。撮影するすべての瞬間が幸せでした。僕は今まで演じたことのない悪役に好奇心が湧き、チャン・ジュヌ、チャン・ハンソクというキャラクターを理解するためにたくさん悩みましたが、「ヴィンチェンツォ」での経験が今後の俳優活動において新しい原動力になると思います。

――今後の活動計画はありますか?

テギョン:撮影を終えた映画「閑山:龍の出現」の公開を待っています。下半期にはtvNドラマ「御史ジョイ伝(仮題)」で挨拶できると思います。映画「閑山」で少し時代劇の演技を経験しましたが、ドラマという長いタームで時代劇を演じるのは「御史ジョイ伝」が初めてなのでドキドキしますし、頑張って準備したいです。2PMのニューアルバムも準備中です。たくさん期待してください。

――最後に「ヴィンチェンツォ」を見守って応援してくれた視聴者のみなさんに一言お願いします。

テギョン:今まで「ヴィンチェンツォ」を応援してくれてありがとうございます。ジュヌを最後まで見守ってくれて感謝しています。すぐ新しい姿でみなさんのもとを訪れます。ありがとうございます。

記者 : イ・ユニ