BTS(防弾少年団) V、世界中のファンが寄付に続々参加…心温まる活動に注目

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
BTS(防弾少年団)のVのファンが、パレスチナ難民を助けるための寄付リレーに参加し、心温まる雰囲気を伝えている。

世界各国のVのファンたちはパレスチナ難民たちに必需品および医療品を支援する団体に寄付することで、支援を必要とする人々のために積極的に行動している。

Vのファンページ「sceneryfortae」は、パレスチナ家庭を支援する団体である「iF Charity」に寄付し、「TAEHYUNG USA」「BTS V Australia」「Kindness4Tae」はパレスチナの子どもたちを支援する「Palestine Children's Relief Fund(以下PCRF)」と、必需品および医療品など人道的救援を支援する団体「UPA」に寄付して子どもたちに温もりを届けた。

Vのファンである「Kindness4Tae」は「PCRF」への寄付以外にも、恵まれていない人々が安定的に定着することができるように支援する団体である「NDBN」にもVの名前で寄付し、「KTH1(キム・テヒョンミックステープ)」プロジェクトを後援する一環として、国際救援団体「GlobalGiving」の寄付を通じて10人を支援して感動を与えた。

写真=SNSキャプチャー
「Taehyung Indonesia」は「iF Charity」と「ACT Indonesia」に、「Taehyung Malaysia」はパレスチナ家族を支援する団体「KHOM」に寄付して、大変な思いをしている人々に手を差し伸べて平和を祈った。

カナダのファンページ「BTS V Canada」は、恵まれていない人々のために「PCRF」と「IRCanada」に寄付すると明かした。

「v crop」は「PCRF」に寄付して、子供たちのために使ってほしいと伝えた。「Nataliya」も国籍、政治、宗教に関係なく、人道的救援の必要性を明かして「PCRF」に寄付した。

Vのファンたちの寄付に救援団体「iF Charity」は、感謝の言葉を伝えた。ヨーロッパのビルボードと呼ばれる「ワールド・ミュージック・アワード(WMA)」は、Vのファンたちが支援を必要とする人々を積極的に助けていると伝え、感謝の意を示した。

ドバイのテレビ番組「lovindubai」も、アラブ首長国連邦のファンクラブである「KTH_UAE」がラマダーン期間に、恵まれていない人々に食事を提供したニュースを伝えた。

・BTS(防弾少年団)のV、自作曲「Scenery」リリース2周年を記念…ファンの相次ぐ寄付活動が話題に

・BTS(防弾少年団) Vのファンコミュニティ、誕生日を迎えて韓国子供難病協会に約9万円を寄付

記者 : クァク・ミョンドン