キム・シウン、映画「こんにちは」出演が決定!スクリーンデビューに注目

MYDAILY |

写真=マネジメント ナンマン
女優のキム・シウンが映画「こんにちは」でスクリーンデビューを果たす。

映画「こんにちは」は、それぞれの事情を持って毎日を過ごすポスピス病棟に、死を待っている少女スミ(キム・ファンヒ)が登場することから巻き起こるヒューマンドラマだ。キム・ファンヒ、ユソン、イ・スンジェ、イ・ユンジ、ソン・ジェリムなどが出演を決定した。

劇中でキム・シウンは、ソジン(ユソン)の娘ヒソン役を演じる。多数の作品を通じて愛らしい魅力と安定的な演技力で注目を集めてきたキム・シウンが、どのような演技で作品への没入度を高めるのか、期待が高まっている。

キム・シウンは、KBS 2TVドラマスペシャル「モダンガール」で身分の差を乗り越えて成長していくたくましい少女ヨンイ役を演じ、爽やかさ溢れる笑顔と涙の演技で好評を得た。KBS 2TV「オ!サムグァンビラ」では、堂々とした姿で愛を手に入れるチャ・バルンに扮し、特有の初々しさで作品に活気を吹き込んだ。

また、人気ウェブ漫画を原作としたNetflixオリジナルシリーズ「恋するアプリ Love Alarm」シーズン1に続いて、シーズン2にもイ・ユクジョ役として出演し、より成熟した演技を披露した。

映画「こんにちは」は先月クランクインし、撮影を行なっている。

記者 : イ・スンロク