放送開始「MINE」キム・ソヒョン、家庭教師として雇ったオク・ジャヨンに違和感を感じる

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「MINE」 放送画面キャプチャー
放送開始からミステリーだった。

8日午後に放送がスタートしたtvN「MINE」では、財閥のヒョウォン家で起きた殺人事件が描かれた。

同日、シスターのエマ(イェ・スジョン)は警察署に駆けつけ「私が見ました」とヒョウォン家で起きた殺人事件について話した。事件は長男の家で発生し、「カーストが存在していた場所に、彼女が現れてカーストが崩壊し始めた」と振り返った。

殺人事件の始まりとも言える事件の60日前、カン・ジャギョン(オク・ジャヨン)がソ・ヒス(イ・ボヨン)の息子の家庭教師として、キム・ユヨン(チョン・イソ)がチョン・ソヒョン(キム・ソヒョン)のハウスメイドとしてヒョウォン家に入った。

自身が後援していた幼稚園の先生だったユヨンのことを気に入ったヒスは、長男の家のハウスメイドではなく自身の息子の家庭教師にしたかったが、ソヒョンが反対した。家庭教師として面接をしていた中、ヒスの意見通りにジャギョンをハウスメイドにしようとしたが、自身の夫であるハン・ジンホ(パク・ヒョクグォン)と視線を交わすのを見て元通りの家庭教師として雇ったのだ。

ソヒョンは、ジャギョンが持っている限定版の傘とブランドバッグを不思議な目で見ていた。キム・ユヨンは長男の家に、カン・ジャギョンは次男の家に家庭教師として雇われたことについてエマは「2人は自身の運命通りに行くべき場所に行った。人間には分からない神の意志で作られたことだろうけど」とし「そこが天国なのか地獄なのか、彼らが天使なのか悪魔なのか、その時は知りませんでした」と言った。

記者 : キム・ウンジョン