ク・ヘソン、離婚陳述書を公開したYouTuberを名誉毀損で告訴「根拠もなしに罵倒…法的責任を問う」

Newsen |

ク・ヘソンが、自身の離婚に関する法的書類を公開したYouTuberを名誉毀損で告訴した。

ク・ヘソンは7日、代理人を通じて「YouTuberのイ・ジンホを名誉毀損で告訴した」と伝えた。

法務法人LIWUは「ク・ヘソンはYouTuberのイ・ジンホが2021年5月3日、自身のYouTubeチャンネルに掲載した動画を通じて、ク・ヘソンに関する虚偽事実を流布してク・ヘソンの名誉を毀損したと判断し、本日告訴状を提出し、以下の通り、法律代理人を通じて反論の立場を正式に伝えます」と知らせた。

続けて「ク・ヘソンは2020年4月28日に作成された陳述書の原本を持っています。イ・ジンホが公開した陳述書のキャプチャー(コピー)は、その出所や入手の経路は分かりませんが、ク・ヘソンが持っている原本とその内容が一致すると判断しています。イ・ジンホは、上記の陳述書が法的文書の形ではないとし、同名義人によって作成されていないように偽りを語り、人々を先導しましたが、上記の陳述書は同名義人が伝えた内容で作成され、同名義人がその内容を確認し、同意した陳述書です。ただし、訴訟が行われる間、証言をする機会もなかったため提出されず、非公開調停で合意して離婚訴訟が終結し、上記の陳述書には特に署名や捺印の機会がなく、外部に提出されたこともありません」と綴った。

そして「イ・ジンホが言及したように、一人で辛い思いをしていたク・ヘソンを何とか助けようとしていた友人で同僚の名前まで公開するような、ク・ヘソンは今までそんな生き方をしていませんでした」とし「離婚した後、すべてを忘れて自分の人生に熱中し、しばらく時間が経った今、出所や経路も分からず、このように陳述書が公開されて議論を呼ぶことになり、ク・ヘソンは、友人に大変申し訳ない気持ちです」と強調した。

3日、イ・ジンホのYouTubeチャンネルには「[衝撃単独]アン・ジェヒョン、また出た。トップ女優の陳述書の実体」というタイトルの動画が掲載され、話題になった。

・ク・ヘソン、映画監督としての活動を予告…新たなプロジェクトに期待高まる

・ク・ヘソン&アン・ジェヒョン、離婚が成立…泥沼騒動から一転「お互いの将来を応援する」

【ク・ヘソン コメント全文】

ク・ヘソンはYouTuberのイ・ジンホが2021月5月3日、自身のYouTubeチャンネルに掲載した動画を通じて、ク・ヘソンに関する虚偽事実を流布してク・ヘソンの名誉を毀損したと判断し、本日告訴状を提出して以下の通り、法律代理人を通じて反論の立場を正式にお伝えします。

まず、ク・ヘソンは2020年4月28日に作成された陳述書の原本を持っています。イ・ジンホが公開した陳述書のキャプチャーは、その出所や入手の経路は分かりませんが、ク・ヘソンが持っている原本とその内容が一致すると判断しています。イ・ジンホは、上記の陳述書が法的文書の形ではないとし、同名義人によって作成されていないように偽りを語り、人々を先導しましたが、上記の陳述書は同名義人が伝えた内容で作成され、同名義人がその内容を確認し、同意した陳述書です。

同陳述書は告訴人の長年の友人で同僚で、当時なんとか離婚訴訟をしていたク・ヘソンに法廷に出席して証言してあげられると言って作成されたものです。ただし、訴訟が行われる間、証言をする機会もなかったため提出されず、非公開調停で合意して離婚訴訟が終結し、上記の陳述書には特に署名や捺印の機会がなく、外部に提出されたものもありません。

イ・ジンホが言及したように、一人で辛い思いをしていたク・ヘソンを何とか助けようとしていた友人で同僚の名前まで公開するような、ク・ヘソンは今までそんな生き方をしていませんでした。離婚した後、すべてを忘れて自分の人生に熱中し、しばらく時間が経った今、出所や経路も分からず、このように陳述書が公開され、議論を呼ぶことになり、ク・ヘソンは、友人に大変申し訳ない気持ちです。どうか、当該陳述書の名義人に何らかの二次加害が発生しないよう注意をお願いします。友達を助けるために自身が見たことを話した親友には何の過ちもありません。同時に今回の告訴を通じてその流出経路も明らかになることを願います。

また、2021年5月2日付で掲示されたというNATE PANの暴露文章についてもク・ヘソンは全く知らず、ク・ヘソンとは何ら関係もありません。その暴露文章というものが実際にあったのかどうかも分からず、その削除や記者たちに対する情報提供メールなど、全てのものと関係がありません。

イ・ジンホは、芸能部記者出身であることを自ら強調し、これを積極的に利用してまるで自身が話していることが全て真実であるかのようにク・ヘソンの名誉を傷つけています。記者出身という背景で信頼を加工し、これを通じて利益も得ています。ジャーナリスト出身として最低限の倫理と良心、報道の基礎的な準則さえ守らないまま、事実関係に関する明確な確認や根拠もなしに片方を罵倒し、人格まで毀損する動画を制作・配信した点に対して深い遺憾の意を表し、その法的責任を問いたいと思います。

これに対し、ク・ヘソンは2021年5月7日、イ・ジンホに対し、名誉毀損の刑事告訴状を提出し、ク・ヘソンと陳述書の作成者の人格を無慈悲に毀損した点について責任を問います。

記者 : ペ・ヒョジュ