ハン・イェリ、国際現代舞踊祭「MODAFE 2021」広報大使に任命“憧れていた場所…感謝している“

Newsen |

ハン・イェリが国際現代舞踊祭「MODAFE 2021 (International Modern Dance Festival)」の広報大使に任命された。

「MODAFE 2021」を主催する社団法人韓国現代舞踊協会は「ハン・イェリは、繊細な表現力と演技で、様々なジャンルで人々に共感を届ける女優だ。特に『第93回アカデミー賞』など、全世界の映画祭と授賞式、協会で通算112冠を達成し、作品性が認められた映画『ミナリ』の主演で、2021ゴールドリスト主演女優賞を受賞し、全世界で注目されている」とし「韓国舞踊、現代舞踊、バレエ経験もあり、舞踊を専攻していたハン・イェリは『All About Contemporary Dance.This is MODAFE!』をフェスティバルのテーマにした、韓国で最も歴史のある現代舞踊祭『MODAFE』の広報大使に適任だ」と伝えた。

韓国芸術総合学校の伝統芸術院を卒業した彼女は「専攻が韓国舞踊で、韓国芸術総合学校の入試前は現代舞踊とバレエを副専攻で学びました。ですから『MODAFE』は中学、高校時代とたくさん見に来ていました。現代舞踊は、髪も短くカットできるし、着たい服を着て、堂々と自身を表現できるので、自由に見えました。だから、一番大きい現代舞踊祭『MODAFE』は私にとって『素敵な人達が集まっているところ』という憧れがありました。『MODAFE』の広報大使として参加できることに感謝しています」と広報大使に任命された感想を語った。

ハン・イェリは、OCNの新ドラマ「ホームタウン」を次回作に決定し、準備している。テロリストの家族という社会的な烙印に耐えて生きるチョ・ ジョンヒョン役を演じる予定だ。

記者 : ペ・ヒョジュ