BTS(防弾少年団) J-HOPE、アフリカの子供たちのため約975万円を寄付「温かい心を伝えたい」

MYDAILY |

写真=BIG HIT MUSIC
BTS(防弾少年団)のJ-HOPEが、温かい善行を実践した。

児童擁護機関・緑の傘子ども財団は4日、BTSのJ-HOPEがこどもの日を迎えて、暴力の被害が露出されているアフリカ・タンザニアの子供たちのために、1億ウォン(約975万円)を寄付したと報告した。

今回の後援金は、タンザニアの児童暴力予防事業のため設立した「One Stop Center」の支援に使われる。「One Stop Center」は、暴力被害児童の通報から治療、法律及び相談支援、証拠収集などを体系的に行うことができるよう、緑の傘子ども財団が開設したセンターだ。

J-HOPEは2018年、緑の傘子ども財団の1億ウォン以上の高額寄付者会「グリーンノーブルクラブ」に名を連ねた。昨年、新型コロナウイルス感染拡大により危機にさらされている子供たちのため1億ウォンを寄付し、今年2月には自身の誕生日を記念して1億5千万ウォン(約1462万5870円)を寄付した。今回の寄付をはじめ、J-HOPEが緑の傘子ども財団に寄付した累積後援金は7億ウォン(約6825万4061円)に達する。

J-HOPEは「新型コロナウイルス感染拡大により世界中で多くの人々が苦しんでいる」とし「関心が及ばない海外の子供たちにも温かい心が伝わってほしいという気持ちで、韓国の子供たちに続いて海外の子供たちも後援することにした」と寄付の理由を明かした。

これについて、緑の傘子ども財団のイ・ジェフン会長は「グローバルスターであるBTSのJ-HOPEさんの継続的な後援で、経済的に大変な子供たちへの関心が高まっている。我々も国内外に支援を必要とする子供たちのため、全方位にベストを尽くす」と述べた。

記者 : オ・ユンジュ