Apink、ソン・ナウンがYGと専属契約…今後のグループ活動に一部からは不安の声も

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
Apinkのソン・ナウンの所属事務所移籍が、話題となっている。

本日(3日)、YG ENTERTAINMENTはソン・ナウンとの契約締結を公式発表した。YG ENTERTAINMENTは「あらゆる分野で優れた才能を持つソン・ナウンと共にすることになって嬉しく思う。女優として新たな跳躍を果たす重要な時期を迎えたソン・ナウンが、自身の力量を余すことなく発揮できるように全面的な支援を惜しまない」と伝えた。

こうしてソン・ナウンのYGとの契約は、事実であることが明らかになった。これに先駆けて先月29日、Play Mエンターテインメントは「最近、Apinkのパク・チョロン、ユン・ボミ、チョン・ウンジ、キム・ナムジュ、オ・ハヨンの5人と再契約を締結した」とし「ソン・ナウンはメンバーと当社と深く話し合った結果、新しい夢に向かって進むため再契約をしないことで合意した」と報告した。

当時、Apinkの今後の活動については「グループへの愛情は6人とも変わらないので、当社は肯定的かつ協力的な関係を維持する考えだ。これからもメンバー6人全員は変わらずにApinkとして、時には別々に、時には一緒にグループ活動を続けていく予定だ」と付け加えた。

写真=ソン・ナウン Instagram
ソン・ナウンも今月1日、Instagramで長文のコメントを投稿した。彼女は「10年以上一緒に過ごしてきた家族のもとを離れます。新しい場所での新しいスタートにまだ慣れていないため心配も大きいですが、もっと成長したソン・ナウンになれるよう努力します」と所属事務所移籍を予告していた。

これと共にApinkへの変わらない愛情も示した。「メンバー、事務所とともに慎重に悩み決めた、私の選択です」とし「いつでも心を一つにして、再び集まり、Apinkとしても良い姿をお見せするので、これからもっと輝くApinkを応援していただきたいです」と伝えた。

写真=マイデイリー DB
問題は以前の所属事務所と再契約を締結したパク・チョロン、ユン・ボミ、チョン・ウンジ、キム・ナムジュ、オ・ハヨンの5人と異なり、ソン・ナウンだけYGと契約を締結することにより、Apinkが6人の完全体でスムーズに活動できるのかだ。

ソン・ナウンと前所属事務所であるPlay Mエンターテインメント、新しい所属事務所であるYGは「いつでも集まって、Apinkとしての姿をお見せする」「チームでの活動の持続に肯定的だ」と述べている状況だ。ただ一部では、事務所が違うため、グループ活動に積極的に参加するのは現実的に難しいのではないかという意見も出ている。

ソン・ナウンが、女優としてマネジメントを受けるためにYGと契約した事実も、関心を集めている。YGは、今回ソン・ナウンとの契約を報告するコメントで「女優として新たな跳躍を果たす重要な時期を迎えたソン・ナウンが、自身の力量を余すことなく発揮できるように全面的な支援を惜しまない」と述べた。

2011年に「I don't Know」でデビューしたApinkは、“清純のアイコン”として浮上した。続けて「Mr.Chu」「NoNoNo」など多くのヒット曲を誕生させて10年間、“K-POP代表のガールズグループ”として活動してきた。

ソン・ナウンは韓国で年内に放送される予定である、総合編成チャンネルJTBCドラマ「人間失格」に出演する。

・Apink ソン・ナウン、YG ENTERTAINMENTと専属契約を締結!女優としての活躍にも期待

・“デビュー10周年”Apink、ソン・ナウンを除いた5人が再契約を締結「6人でグループ活動は継続する」

記者 : オ・ユンジュ