ユ・スンホ&Girl's Day ヘリ、新ドラマ「花が咲けば、月を想い」に出演決定…韓国で下半期に放送

OSEN |

写真=各事務所
下半期の期待作「花が咲けば、月を想い」が、ユ・スンホ、Girl's Dayのヘリのキャスティングを確定して、本格的な撮影に入る。原則主義者の監察とお酒を造るの女性に変身して、爽やかな魅力と甘くほろ苦いケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露する2人の出会いに早くも期待が高まっている。

今年下半期に韓国で放送予定のKBS 2TVの新ドラマ「花が咲けば、月を想い」(演出:ファン・インヒョク、脚本:キム・ジュヒ、制作:(有)花咲けば月を想い文化産業専門会社、(株)MONSTER UNION、(株)PEOPLE STORY COMPANY)は3日、「ユ・スンホとヘリが、それぞれ主人公のナム・ヨンとカン・ロソ役にキャスティングされた」と明かした。

「花が咲けば、月を想い」は、禁酒令の時代、“線を超える”4人の若者たちが友情を築き、愛に酔って成長していく話を描く。厳しい禁酒令が発令されていた朝鮮後期を背景にしたフュージョン時代劇だ。

これまで直接的には取り扱ったことのなかった酒と禁酒令という新鮮な題材をもとにしているという点、禁酒を取り締まる監察と、お酒を醸造する女性の話を描くという興味深いストーリーで、早くもドラマファンの関心を集めている。

ユ・スンホは、出世のため漢陽(ハニャン)に上京した、優秀な司憲府(サホンブ、朝鮮時代の官庁)の監察ナム・ヨンを演じる。ナム・ヨンは「剥いておいた栗のようにハンサムな顔、竹の木のようにすっと伸びた姿勢、孤高な鶴が飛んでいくような足取り」の持ち主だ。

絶対に志と節操を守る人物で、歩く四書三経とされ、他人にはもちろん、自分にはもっと厳しい原則主義者でもある。ナム・ヨンは野心的に始めた漢陽暮らしが、予測不可能な人物カン・ロソに会って大混乱に陥る。

時代劇からロマンスまで、ジャンルを問わず様々な作品で活躍してきたユ・スンホは、「仮面の王 イ・ソン」以降、4年ぶりに時代劇に出演してドラマファンの期待を高めている。

ヘリは禁酒令の時代、100両の借金を返すためにお酒を造り始める貧しい両班(ヤンバン:朝鮮時代の貴族)の娘カン・ロソに変身する。

ロソは、品のあるビジュアルとは違って、お金になることなら力仕事も辞さない人物だ。両班が体面も気にしないという陰口をものともせず、唯一の希望である弟の世話をする、家の実質的な大黒柱である。

多様な作品でハツラツとした魅力を見せ、大衆に親しまれているヘリが、禁酒令の時代に“線を超える”ロソにどんなエネルギーによって生命力を吹き込むのか、好奇心をくすぐっている。

監督は「ドクタープリズナー」をはじめ、「月桂樹洋服店の紳士たち」「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~」など、さまざまなジャンルで演出力を見せてきたファン・インヒョクプロデューサーだ。ユ・スンホ&ヘリとどのようなシナジー(相乗効果)を見せるのか、関心が高まっている。

「花が咲けば、月を想い」の制作陣は、「ユ・スンホとヘリという、劇中のキャラクターとのシンクロ率が高く、抜群のケミが見れるキャスティングを終えた。彼らが披露するマッコリのように爽やかで甘くほろ苦いストーリーを楽しみにしてほしい。感覚的な演出力を誇るファン・インヒョクプロデューサーとユ・スンホ&ヘリの出会い、禁酒令お時代を背景にした新鮮なストーリーまで、演出、俳優、題材の3拍子が揃った素晴らしい作品で、今年の下半期にお目にかかる」と伝えた。

「花が咲けば、月を想い」は最近、台本の読み合わせを終了した。5月中に撮影を開始し、今年の下半期にKBS 2TVを通じて放送される予定だ。

・ユ・スンホ、演技への情熱語る「幼いイメージから抜け出そうと、制服を避けていた時もあった」

・Girl's Day ヘリ&チャン・ギヨン出演、新ドラマ「九尾の狐とキケンな同居」5人5色のキャラクターポスターを公開

記者 : ハ・スジョン