Highlight ユン・ドゥジュン、新ドラマ「ク・ピルスはいない」出演決定!クァク・ドウォンとの共演に期待

OSEN |

写真=Around Usエンターテインメント
Highlightのユン・ドゥジュンが、除隊後初のドラマ出演を決定した。

本日(1日)、所属事務所のAround Usは「ユン・ドゥジュンが、7月初めに撮影を控えたドラマ『ク・ピルスはいない』の出演を確定した」と明かした。

「ク・ピルスはいない」(脚本:ソン・グンジュ、イ・ヘリ、製作:Cabin74、UFOプロダクション)は、人生の第2幕を夢見ている“情熱的な男性”40代家長のク・ピルス(クァク・ドウォン)と、“生まれながらの天才”20代のジョンソク(ユン・ドゥジュン)のブロマンス(男同士の友情)を描くヒューマンドラマだ。

ユン・ドュジュンは、私教育なしで地方からソウル最高の名門大学に首席で入学した典型的な天才ジョンソク役を演じた。ジョンソクは、大韓民国で「泥スプーン(親の収入や経済力が最も低い水準にある子どもの階層を例えた言葉)」に生まれ、成功できる唯一の方法はスタートアップだと信じ、韓国の「マーク・ザッカーバーグ」を夢見る人物だ。

彼は、俳優のクァク・ドウォンと息を合わせ、世代間の調和を描くなど、愉快な「ブロマンス」を披露するものと期待を集めている。

除隊後初のドラマで、お茶の間復帰のニュースを知らせたユン・ドゥジュンは、MBC「All my Love」を皮切りに、tvN「ゴハン行こうよ」シリーズ、MBC「ポンダンポンダン 王様の恋」、KBS 2TV「ラジオロマンス~愛のリクエスト~」などで安定的な演技力を披露してきた。2018年に出演した「ゴハン行こうよ3-ビギンズ」以来、約3年ぶりに「ク・ピルスはいない」で戻ってきたユン・ドゥジュンが、もう一度繰り広げる変身に大衆の関心が高まっている。

ユン・ドゥジュンはドラマ出演に先立ち、Highlightとして3日にニューミニアルバム「The Blowing」を発表し、本格的な活動に乗り出す。

記者 : チャン・ウヨン