「Oh!ご主人様」イ・ミンギ、AFTERSCHOOL ナナへの気持ちを整理

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「Oh!ご主人様」放送画面キャプチャー
イ・ミンギがAFTERSCHOOLのナナために別れを選んだ。

29日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「Oh!ご主人様」で、ハン・ビス(イ・ミンギ)がオ・ジュイン(ナナ)に別れを告げた。

この日、ジュインはビスに「私から離れるつもり?」と聞き、「いっそ私と一生一緒に暮らそう。結婚しよう」と話した。仲睦まじい2人に嫉妬していたチョン・ユジン(CNBLUEのカン・ミンヒョク)は「僕、ジュインと結婚するために韓国に帰ってきた。今すぐプロポーズする準備もできている」とし、「僕が一番得意なのは待つことだ」とジュインに対する気持ちをあらわにした。

相変わらず不安そうにするジュインに、ビスは「不安がらないで。心配はいらない」と慰めた。ジュインは華やかなドレスを着てユジンと一緒にイベントに参加したが、ビスには言えなかった。後になってユジンとジュインのツーショットを見たビスの表情は固まった。

カン・ヘジン(イ・フィヒャン)は、養護施設に来てくれたチョン・サンウン(ペ・ヘソン)に「私、残された時間があまりない気がする」と話した。「昨日、母の夢を見た。もう荷物は下ろして笑顔でお母さんのところに来なさいと言われた」と、友達であるサンウンに息子ビスのことをお願いした。

イベント会場でユジンと仲良しカップルの姿を見せたジュインは「公式行事でカップルとして立つ最後の席にしてほしい」と話した。ユジンがパリ留学を後悔する発言まですると、彼女は「あなたと気まずい関係になりたくない」と言い、ユジンは「僕の気持ち、すぐには消せない」と正直に答えた。

家に帰ってきたジュインは、ビスにあらかじめユジンと一緒にイベントに行ったことを話せなかったことに対する申し訳なさを伝え、「ユジンとの破局の記事を出そうと思う」と話した。ビスは彼女のために止めたが、ジュインは「作家さんのため。もう少し欲張ってもいい。愛されている気分だから」と可愛らしく答えた。

痴話喧嘩をしていたビスとジュインは、お互いに入れ替わった生活を試してみることにし、楽しい1日を過ごした。ビスになったジュインは不愛想に話して痛快さを与え、ジュインになったビスは普段見られなかった愛嬌で笑顔にさせた。

お互いの役割を変えて生活した1日を終えて、ビスはジュインに「ユジンと手を握ったのは、嫉妬した」と打ち明けた。そして「怖くなった」と不安をあらわにした後、「もうこれからはジュインだけを愛する。最後まで」と誓った。

弾丸で旅行に向かったヘジンとユン・ジョンファ(キム・ホジョン)は平和な時間を過ごした。2人はもう少し長く子供たちと一緒に時間を過ごせることを願っていたが、旅の途中、ヘジンが倒れた。「心の準備をしないと」というサンウンの言葉にビスは、自分に残されている49日のことを思い出した。そして「僕が最後までそばにいてあげる」と母の手を握った。

母親が目覚めるとビスは「一度だけでも抗がん剤治療を受けてみないか。奇跡という言葉はなぜあると思う?」とし、「お母さんには僕のそばにもう少し長くいてほしい」とお願いした。息子の切実な願いに、ヘジンは心を変えて治療を受けることにした。

ビスが病院に行った後、1人でいたジュインは仕事をしながらも心配し続けた。

家に帰ってきたジュインはビスを抱きしめ慰めた。マネージャーと電話しながら「私、作家さんなしじゃ生きていけない」と涙を流すジュインを見たビスは心を痛めた。眠りから覚めたジュインは、夢うつつな状態でもビスのことに気づいた。そんなジュインを切なそうに見ていたビスは「欲張ってはならないのに……」と心を落ち着かせた。

ビスは母親のヘジンと色々な約束をしながら「泣きたくなったら、我慢しないで」と話した。そして「僕のために1ヶ月だけでも耐えてほしい」とお願いした。ビスは、事故で夫に先立たれたサンウンにどんな気持ちだったかと聞いた。サンウンは「あの時、世界は無意味になった。私も死ねるようにしてくださいと願ったけれど、今も朝起きて涙を流すときがある」と簡単に癒える傷ではないことを伝えた。

1人で音楽を聴きながら気持ちを整理したビスは、ジュインに冷たい態度を見せながら「もう、僕が灯りをつけてあげることもないだろう。もうやめたい」と別れを告げた。ジュインは受け入れられなかったが、ビスはお願いカードを出して「お願いだ。別れてほしい」と話した。

記者 : キム・ウンジョン